HOME  Book一覧 前のページへ戻る

冥途のお客(佐藤愛子)

その体験談は、あるものは面白くあるものは怖い。

冥途のお客
佐藤愛子(著)
これは小説ではなく、佐藤愛子さんの体験を交えた、「あの世はあるのか」を考える本です。

結論を先に言いますと、佐藤愛子さんは「あの世はある」とおっしゃっています。

その根拠とされている体験談は、あるものは面白く、あるものは怖い。

当時、佐藤さんがそんな「怪奇体験」を相談されたのは、美輪明宏さんであり、ブレイク前の江原啓之さんでした。

お二人は佐藤さんから個々に相談されているのですが、共通点は気負いなく、ごく自然に回答されていること。

佐藤さんは、家族以外誰も知らないような昔のことをさらっとおっしゃる二人に、驚き、そして納得されるのでした。「見えておられるのだ」と。

のちに美輪さんと江原さんが『オーラの泉』で共演されるとは、予想もされていなかったであろう頃のお話です。

私はあの世がある、と断言はできないけれど、あったらいいなぁと思っているので、面白く読み進めることができました。

ただ、そんな私でも、この本の最後の方で紹介された「あの世とこの世を結ぶ使命を帯びている方」にはちょっと引いてしまいました。両方の世界を行ったり来たりって……

でもしばらく考えて、そういう人がいてもいい気がしてきたのです。だって、平安時代にもいましたよ、そういう人が。

宮廷官吏の小野篁は、昼間は朝廷に出仕し、夜は冥府の閻魔大王の横で裁判補佐をしていた、と言われていますもの。

現代にそういう人がいても、あるいはそういう人がいると思われていても、いいんじゃないかしらん。

閻魔大王の横で裁判補佐、という話をもう少し。

この裁判では、生前の行動などを吟味の上、地獄行きか、極楽行きか、決められるわけです。

普通は、悪行三昧であったり、ことここに及んで閻魔様の前で嘘をついたりすると、地獄行きになると思うではないですか。

ところが『冥途のお客』には、恐ろしいことが書かれていました。
人を殺した者と殺された者と、どちらが多く地獄(暗黒界)へ行くかといえば、殺した者よりも殺された者の方が多いと聞いたことがある。

殺された上に死んでも地獄へ行くなんて、間尺に合わないと思うが、殺されたものは恐怖や悔しさや怒り、恨み、この世への執着などの強い想念を持って死んで行くため、この想念が浄化のさまたげとなるということである。
(佐藤愛子さん『冥途のお客』 P59〜P60より引用)
そんなバカな!!

そんなことが許されていいのか!!

と、憤りましたが、いわゆる「浮かばれない」という状態なのかも。

だとしたら、被害者の方の供養は通常以上に心を込めて、取り行って差し上げなければと思いますし、自分がどんな原因でこの世を去るにしても、最後は心安らかに過ごしたいと感じました。

怖い。

あの世の存在や、霊の存在を信じない方には、たわごととしか思えないであろう『冥途のお客』でした。
冥途のお客
佐藤愛子(著)
文藝春秋
岐阜の幽霊住宅で江原啓之氏が見たもの、狐霊に憑依された女性の奇妙な話、夜中に金縛りにあった初体験、父・紅緑の霊が語ったこと、霊能者の優劣…。「この世よりもあの世の友達の方が多くなってしまった」佐藤愛子さんの、怖くて切ない霊との交遊録、第二弾。安らかな死のためには、どう生きたらいいかを考える一冊です。 出典:楽天
profile
池田 千波留
パーソナリティ・ライター

コミュニティエフエムのパーソナリティ、司会、ナレーション、アナウンス、 そしてライターとさまざまな形でいろいろな情報を発信しています。
BROG:「茶々吉24時ー着物と歌劇とわんにゃんとー」

パーソナリティ千波留の
『読書ダイアリー』

ヒトが好き、まちが好き、生きていることが好き。だからすべてが詰まった本の世界はもっと好き。私の視点で好き勝手なことを書いていますが、ベースにあるのは本を愛する気持ち。 この気持ちが同じく本好きの心に触れて共振しますように。⇒販売HPAmazon

 



OtherBook

千波留の本棚

モデルはブライダル界に燦然と輝くデザ…

ウエディングドレス(玉岡かおる)

千波留の本棚

理屈では割り切れないことに悩んでいる…

漢方小説(中島たい子)

千波留の本棚

ちらっと思い浮かべてしまう身近にいる…

嫌な女(桂望実)




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
「心に響く本」
橋本信子先生の
「おすすめの一冊」
大人も楽しめる
英語の絵本&児童書
小さな絵本屋さんRiRE
女性におすすめの絵本
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME