HOME  Book一覧 前のページへ戻る

パンとスープとネコ日和(群ようこ)

パンとスープとネコ日和
群ようこ(著)
出版社:角川春樹事務所(2013)【内容情報】(「BOOK」データベースより)唯一の身内である母を突然亡くしたアキコは、永年勤めていた出版社を辞め、母親がやっていた食堂を改装し再オープンさせた。しまちゃんという、体育会系で気配りのできる女性が手伝っている。メニューは日替わりの(サンドイッチとスープ、サラダ、フルーツ)のみ。安心できる食材で手間ひまをかける。それがアキコのこだわりだ。そんな彼女の元に、ネコのたろがやって来たー。泣いたり笑ったり…アキコの愛おしい日々を描く傑作長篇。(出典:楽天
大貫妙子「パンとスープとネコ日和」という歌。
偶然知って気に入っていました。
 
そして出会った 群ようこさんの『パンとスープとネコ日和』。
あれ?同じタイトルだ。

それもそのはず。
2012年4月に角川春樹事務所から単行本として刊行された
『パンとスープとネコ日和』は
2013年の夏にWOWWOWでテレビドラマ化されていたのです。
大貫妙子さんの歌はその主題歌だったというわけ。

ドラマを見ていなくて良かった。
まっさらな気持ちで読むことができます。

***
主人公のアキコは出版社勤務の独身女性。
本造りに没頭しているうちに早くも40代半ばになってしまった。
アキコを女手一つで育ててくれた母カヨ。

住居部分の1階で営む食堂は、
いわゆる大衆食堂で常連も多く、賑わっていた。
しかし、カヨは突然亡くなってしまった。

アキコは職場での人事異動を一つのきっかけとして、
食堂をリニューアル。
自ら調理師免許を取り、
自分なりの理想を盛り込んだカフェをオープンさせる。
メニューは、サンドイッチとスープ、サラダとフルーツのみ。

そんなアキコの元に、ネコがやってきた。
グレーのキジトラで、女の子なのに名前は「たろ」。
アキコは「たろさん」と呼んでいる。

パンと、スープと、たろさんと。
ほかほかした日常に、
一つの「謎」差し込んでくる。
アキコはその謎におずおずと近づいていくのだった。
***

私も意外なジャンルへの転職をした経験があるため、
会社を辞めて新たにカフェを開こうとするアキコには
すごく共感できました。

うまくいくかどうかわからない、
不安要素はいろいろあるけれど、
自分のやりたいことにチャレンジする爽快さ!
頑張れアキコ!

カフェには”しまちゃん”という力強い相棒が現れます。
外見が「プロゴルファーの不動裕理選手」に似ていて、
実際に体育会系の彼女の言動はとても気持ちがいい。
こういう登場人物がいる小説は、読んでいて楽しいです。

そしてなによりネコの「たろさん」!
飲食店の2階部分でネコを飼うからには、と、
アキコは衛生にはとても気をつけます。
だからこそ「たろさん」は甘えてもいい時間は
めいっぱいアキコに甘えるのです。

その描写がもう、ネコを家族に持つ者にはたまらないものがあります。
かわいいぞ~!!
たろさん!!
私もたろさんをモフモフしてみたい。

しかし読んでいて楽しいことばかりではありません。
主人公とほぼ同年代のせいで、
いろいろな心情が手に取るようにわかり、
切ない部分もありました。

でも、人生いろんなことがあるからこそ、
日常を慈しんで生きなくちゃね。

何気ない1日を過ごせることの幸せを感じる一冊。
ドラマも見てみたくなりました。

それにしても「ネコ日和」ってどんなお天気なんでしょうね。
 

池田 千波留
パーソナリティ・ライター

コミュニティエフエムのパーソナリティ、司会、
ナレーション、アナウンス、 そしてライターと、
さまざまな形でいろいろな情報を発信しています。
BLOG ⇒PROページ

著書:パーソナリティ千波留の読書ダイアリー
ヒトが好き、まちが好き、生きていることが好き。
だからすべてが詰まった本の世界はもっと好き。

「千波留の本棚」50冊を機に出版された千波留さんの本。
『私の視点で好き勝手なことを書いていますが、ベースにあるのは本を愛する気持ち。 この気持ちが同じく本好きの心に触れて共振しますように。』購入サイトはこちらAmazonでも購入できます


OtherBook

千波留の本棚

なんて愉快な青春群像

砂漠(伊坂幸太郎)

千波留の本棚

誰にでもありそうな思い出を時間に結び…

二十四時間(乃南アサ)

千波留の本棚

時代が変わっても宝塚ファンの心理は変…

タカラヅカ 夢の時間紀行(細川貂々)




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
「心に響く本」
橋本信子先生の
「おすすめの一冊」
大人も楽しめる
英語の絵本&児童書
小さな絵本屋さんRiRE
女性におすすめの絵本
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME