HOME  Book一覧 前のページへ戻る

ご立派すぎて(鈴木輝一郎)

ご立派すぎて
鈴木輝一郎(著)
出版社:講談社 (1998)【内容情報】(「BOOK」データベースより)結婚する気になった男、丹波十四朗、29歳。世話焼きの伯母が次から次へとお見合い話を持ってくるが、悪戦苦闘、連戦連敗の地獄に迷いこむ。厳しい“お見合い戦線”で勝ち抜く秘訣は何か。お見合い歴30回以上の著者だからこそ書ける本格お見合い小説。お見合いの実態を暴いて大爆笑まちがいなしの傑作長編。(出典:amazon
お見合い経験はおありですか?
私はありません。
お見合いがこんなにも
波瀾万丈、奇妙きてれつな人との出会いの場なら、
後学のため一度くらいはしておけば良かった。
そう思わせてくれるのが鈴木輝一郎さんの『ご立派すぎて』。

鈴木さんはお見合い歴30回以上なのですって。
つまりはその数だけ、
不調に終わった経験をお持ちということ。

タイトル『ご立派すぎて』は
お見合いの断り文句なんですってね。
確かに、
「ご立派すぎて私などにはもったいないかたです」
と言えば、相手を傷つけず、仲人の面子も保てます。
本音とは別に、こういう言葉でやんわり断るところが
日本人らしいといえましょう。

***
丹波十四朗は29歳。
実家の建材店をを手伝いながら、
小説家になることを夢見ている。
とはいえ、新人賞に応募しても、
結果は伴っていない。

それでもあきらめたくない十四朗にとって、
結婚など考えてもみないことだった。
しかし、世話焼きで口のたつ伯母に丸め込まれ、
お見合いをすることを決意した。
まさか、その先何十回も
「ご立派すぎて」と言われようとは考えもせずに。
***

この小説、著者は「フィクション」と断っていますが、
どう考えても鈴木さんの実体験を元にした、
限りなくノンフィクションに近いフィクションだと思います。

そのせいか、十四朗の言動の一つ一つにリアリティがあります。
小説家志望ということで、ロマンティックなところがあり、世間知らずでもある。
良かれと思って、発する言葉がとんでもない。
もし私が仲人さんだったら、
テーブルの下で何度も脚を蹴りまくることでしょう。

アホすぎてなんだか いとおしい。
十四朗にだんだん情がわいてきて、
応援せずには居られなくなります。

十四朗だけでなく、彼の家族、
特にお見合い話を持ってくる
パワフルな叔母さんの含蓄深い語録も楽しい。

また、お見合いと平行して進行する、
十四朗が応募した文学賞の行方。
私は十四朗と一緒に泣きました。

十四朗は無事に結婚相手を見つけられるのか?
小説家として日の目を見ることができるのか?

おもしろいので是非ご自分で読んでください。

結果はどうあれ、
人生あきらめちゃイケマセン。
継続は力なり。
何事も続けていきましょう、と、
そんなエールももらえる小説でした。

池田 千波留
パーソナリティ・ライター

コミュニティエフエムのパーソナリティ、司会、
ナレーション、アナウンス、 そしてライターと、
さまざまな形でいろいろな情報を発信しています。
BLOG ⇒PROページ

著書:パーソナリティ千波留の読書ダイアリー
ヒトが好き、まちが好き、生きていることが好き。
だからすべてが詰まった本の世界はもっと好き。

「千波留の本棚」50冊を機に出版された千波留さんの本。
『私の視点で好き勝手なことを書いていますが、ベースにあるのは本を愛する気持ち。 この気持ちが同じく本好きの心に触れて共振しますように。』購入サイトはこちらAmazonでも購入できます


OtherBook

千波留の本棚

時間をかけてわかり合うことが一番大切

ワンダー (R.J.パラシオ)

千波留の本棚

やっぱり本って良いなぁ。生きる勇気が…

あしたから出版社(島田潤一郎)

千波留の本棚

日々が愛おしい。

宿題の絵日記帳(今井 信吾 )




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
「心に響く本」
橋本信子先生の
「おすすめの一冊」
大人も楽しめる
英語の絵本&児童書
小さな絵本屋さんRiRE
女性におすすめの絵本
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME