HOME  Book一覧 前のページへ戻る

鉄の骨(池井戸潤)



 
鉄の骨
池井戸潤(著)
出版社:講談社(2009)【内容情報】(「BOOK」データベースより)「次の地下鉄工事、何としても取って来い」でも談合って犯罪ですよね?謎の日本的システムの中で奔走する、若きゼネコンマン平太の行末はー。(出典:楽天ブックス
私は大学卒業後、コンピュータ関連の会社に就職し、
1ヶ月の新人講習を終えたとたん、残業につぐ残業でへとへとでした。

毎日帰宅して、晩御飯を食べながら見るテレビ番組は
プロ野球ニュースか大相撲ダイジェスト。
お風呂に入ったらもう寝るだけ。

寝たと思ったらもう朝で、また会社へ。
睡眠不足と疲れで
「ビエーン。もう会社辞めたい!!
朝早く家を出て、帰宅するのが真夜中。
なんのために働いてるんだか!
これじゃあ働くために生きているみたいやん。
私は自分のために(自分が成長するために)働きたいのにぃぃ!」
と自宅で、わんわん泣いたことがありました。

今振り返ると、なんとまぁ未熟だったことよ。
もしもタイムスリップして自分に会うことができるなら
「もうちょっと頑張れ。一つをやりきれば、必ず次の展開があるよ」
と教えてあげたいワ。

さて『鉄の骨』の主人公、富島平太。
長野県から東京の大学に進学し、
そのまま東京の大手ゼネコンに就職した。

入社三年目、建設現場で経験を積み、
ようやく仕事が面白くなってきたときに異動発令を受ける。

異動先は業務課。
実は影で「談合課」と揶揄される部署で
仕事内容は、公共事業などを請けること。

今度の地下鉄工事受注が会社の存亡に関わる、と知った平太。
同時に、談合が必要悪としてまかり通っている現実に直面する。

少しでも自社に有利になるようにと、
大学時代からの恋人で銀行勤めの恋人 萌から
顧客情報を聞き出そうとして 気まずい思いをしたりも。
さまざまな試練を乗り越え、平太は成長していく…

この小説、著者 池井戸潤は最初『走れ平太』というタイトルを
考えていたそうです。

確かに、爽やかな男子 平太の成長譚ではあるのですが
『走れ平太』ではまるで『サラリーマン金太郎』みたい。
ちょっと無骨な『鉄の骨』で正解だと私は思います。

談合など、社会問題を盛り込みながら
たくましく成長する平太の姿を真ん中に据えているのが
とても清々しい。

私が一番、いいなぁと思った場面は、
関東一円の大口工事の調整役で
「天皇」と呼ばれる大物フィクサーと
平太がサシで焼酎を飲みながら語り合う場面。
二人の会話が深いのです。

「天皇」が語ります。
”その人がいないと会社が回らない”なんてことは
サラリーマンの世界ではほとんどない、
ポストが空けば、すぐに代わりの人間が現れるものだ、と。

では、サラリーマンは部品で、いくらでも代わりがきくのか、と問う平太。

すると「天皇」が言います。

そうだ、と。
サラリーマンは部品だと。

ただ、それは仕事の上だけの話で、同時に人間であることを忘れてはいけないと。
人間であることを忘れたとき、ただのつまらない部品になってしまう。
また、そうなるとその部品は腐ってしまうことが多く、
部品が腐ると、組織も腐ってしまう、と。

規格どおりのしっかりとした部品として組織を支えることは
意外と難しいのだよと「天皇」は平太に語るのでした。

うーむ。
この話を新人時代に聞きたかったぞ。
自分のなすべき仕事もよくわからないままに
「歯車なんかになりたくない!
やりがいのある仕事をしたいの!」と吠えていた私に聞かせたい。

ちょっと綺麗事すぎる気もするけれど
目の前の仕事にまず一生懸命に取り組むこと、
それが一番大事なことだと平太が教えてくれる、読後感の良い小説でした。

池井戸潤らしく、
萌との恋の行方、
ちょっと嫌なライバルの存在、
頼りのなる先輩など、適度なスパイスも効いています。

池田 千波留
パーソナリティ・ライター

コミュニティエフエムのパーソナリティ、司会、
ナレーション、アナウンス、 そしてライターと、
さまざまな形でいろいろな情報を発信しています。
BLOG ⇒PROページ

OtherBook

千波留の本棚

大事なのは向き合う二人。他人の価値観…

うっかり結婚生活(池田暁子)

千波留の本棚

読んだらきっとその人にとっての「歩道…

歩道橋の魔術師(呉明益)

千波留の本棚

泣いて笑ってジンとして。恐るべし、浅…

一路(浅田次郎)




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
「心に響く本」
橋本信子先生の
「おすすめの一冊」
大人も楽しめる
英語の絵本&児童書
小さな絵本屋さんRiRE
女性におすすめの絵本
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME