HOME  Book一覧 前のページへ戻る

英語の絵本を読んでみませんか?(Frog and Toad are Friends)

Frog and Toad are Friends
by Arnold Lobel
英語に苦手意識を持たれている方も多いのではないでしょうか。

楽天やユニクロが英語を社内公用語にしたり、
企業の新製品発表も英語で行われる事が多くなってきました。

小学校からの英語教育も始まり、10年後にはその子ども達が社会人となります。

海外旅行では今の英語力で問題ないし、日常で英語を使う機会はほとんどない、
その中で危機感は持ち難いかもしれません。

しかし、自分の意見を英語で話したり書いたりする事が出来れば、
会社の中で、また転職の際にも大きな武器となります。

母親として子どもを育てるときにも。
英語はコミュニケーションの手段なので、
「読む」「聞く」「書く」「話す」事が必要です。

TOEICでは、「書く」「話す」事がカバーされていません。
この2つが苦手な人が多いのではないでしょうか。

日本語の表現力を向上させるのに読書が必要なように、
英語でも、英語の本を読む事が効果的です。

最初から大人向けの分厚い本を読む必要はありません。
絵本から始めて英語に親しんでみませんか?楽しく英語の基礎体力づくりができます。

絵本でも知らない表現が出てきます。でも、イラストでお話が分かるし、
文章の意味も推測できます。短くて最後まで読み通せるので、達成感も得られます。

今日ご紹介するのは、
Frog and Toad are Friends by Arnold Lobel

小学校の国語の教科書に出て来る人気のストーリーです。

がまくんとかえるくんは、仲良しの友達です。

ある日、かえるくんが訪ねると、がまくんが悲しそうな顏をして座っています。

どうしたのか尋ねると、日課の手紙を待つ時間なのだそうです。

今まで一度も手紙を貰った事が無いので、今日も手紙は届かないだろうし、

そう思うと悲しくなっちゃうのだという事です。

それを聞いたかえるくんは、なぜ届かないものを待つのが日課なのか、などと思わずに、

手紙を書きに家に戻ります。

What is the matter, Toad?

You are looking sad.

Yes, Said Toad.

This is my sad time of day.

It is the time

I wait for the mail to come.

It always makes me very unhappy.


(Arnold Lobel “Frog and Toad Are Friends” HarperCollins 2003 page53-54)

シンプルな英語で分かりやすく、ユーモアと優しさも伝わってきます。
とても癒されるお話です。

絵本だからといって、子どもっぽい表現で書かれている訳ではありません。
ちゃんとした英語です。こんな英作文はなかなか書けないのではないでしょうか。

やさしい文章を沢山読む事で、自然な生きた英語に親しむ事ができます。
同じような表現に何度も出会う事で、自分でも使えるようになります。

Frog and Toadのシリーズは4冊あります。(写真はその中の3冊)
どれも楽しいお話ですので、是非一度手に取ってみてくださいね。

八津谷 郁子
洋書屋オーナー

一般のペーパーバックを途中で挫折してしまった方には、児童書がオススメです。楽しく読める上に、英語力アップにも効果的。大人でも楽しめる児童書を紹介します。
⇒PROページ
洋書屋
http://www.yoshoya.jp/

OtherBook

洋書屋からのおすすめ絵本

お姫様を救うのは王女様。王子様不在の…

The Sleeper and the Spindle by Neil Gaim…

洋書屋からのおすすめ絵本

敢えて英語で読むことで広がる言葉の感…

When Green Becomes Tomatoes by Julie Fog…

洋書屋からのおすすめ絵本

ようやく見つけた私好みの絵本を5冊紹…

大人も楽しめるハロウィーン絵本(英語の絵本)




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
「心に響く本」
橋本信子先生の
「おすすめの一冊」
大人も楽しめる
英語の絵本&児童書
小さな絵本屋さんRiRE
女性におすすめの絵本
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME