HOME コラム 前のページへ戻る

真箏 まこと
元祇園芸妓/JAZZシンガー 真箏の部屋

真箏のおおきにコラム ライフスタイル 2015-01-13
おおきに、真箏どす。

2013年いっぱいで、卒業をしましたが
祇園甲部にて舞妓から芸妓という道筋を経て参りました。

今は現役時代より“二足のわらじ”と言われつつ続けさせて頂いている
Jazzを歌ったり、ラジオのパーソナリティをさせてもらったりしてます。

そして、祇園町にいた当初より数えきれないほど
口にしてきた「おおきに」という言葉、
京都弁で云う“感謝”の気持ちって改めて素晴らしいことだなぁって
思う今日このごろどす。

当たり前にある日々が 本当は有り難いこと「おおきに」であるいうことに
心から気がついたのは 2011年の「都をどり」の真っ最中に病院で出された検査結果でした。
それは“癌”でした。

手術と治療の為に芸妓さんのお仕事を1年半ほど休業しましたが
その時に、当たり前に動いてくれていた身体や 当たり前にあったものが
無くなったりしました。それは、全て有り難いことだったんだなと
思い出させてくれる 有り難い経験でした。

それほど、自分自身への自愛ができてなかった事に気づかせてもらえる
そんな経験でした。ですので、今は元気に そういう病気だった人とは思えないほどに回復し、
でも、自愛を忘れずに 日々「おおきに〜」で過ごさせていただいてます。
と、いうことで自己紹介が長くなりました〜。

さて、今回は人間として最高の現世利益って何でしょうか?どす。
それは「人間に生まれさせて頂いた事」です!!

確かに、そうかもしれません。いえ、そうどす(笑)

みんなに嫌がられる形のもので無くてほんとに有り難いことです。

しかし、同じ命ですので ひょっとしたら生き様によっては
明日は我が身、いえ、次世は我が身でもおかしくは無い訳です。

どんな発想やねん!!っと思われるかもしれませんが 
私はそういうのがあると素直に思える人なのです。

だって、六道輪廻とか因果応報などの言葉があるのですから、、。
どっちにしても善い行いの方が善いのは普通に生きててもそうどすもんねぇ。

人間に生まれさせていただいた事に感謝なので 
人間の生みの親である神様や親、またその親の親、
ざっくり言わせてもらうと御先祖さまには感謝しか無いという事で、
本来は神社でもお墓参りでもありがとうございます!っしか無いそうなんです。

守ってくださいとか健康でとか恋愛とか数々のお願い事はありえないんだそうです〜。

だって、人間に生まれさせて頂いたんですもんね。
だから、何があっても感謝!なのです。

またこれ、素直に 実践してみたら 
お願い事していた時より清々しいではありませんか!! 

実は「大祓祝詞」という祝詞の内容でも 
“欲得をなげうった祈り”こそが本来であると言われてますし、
お経なども人間がどう正しく生きていくかを解かれているので素敵な内容だと思いますが、
子孫の「ご先祖様ありがとう!幸せでいて下さい〜」という心が何より一番 届くんだそうです。

このお祈りは、実は家でもどこでも良いそうで、風邪ひきさんでお参り行けません〜
という方には最適で、お賽銭もいらなかったりして(笑)

是非、新年にオススメどす〜。

真面目な話、
科学的にも心からのお祈りがポカポカするということも研究されてたりします。

是非、太陽の様な心を「おおきに」の気持で自ら作って新年を迎えまひょ。

いろんな当たり前が有り難うである事に出会えて
ほんまにおおきに♪


 

東の錦とうたわれた京都東山三条「古川町商店街」 ライフスタイル 真箏 まこと元祇園芸妓/JAZZシンガー
おおきに、真箏どす。 ライフスタイル 真箏 まこと元祇園芸妓/JAZZシンガー
あれよあれよと秋の気配 ライフスタイル 真箏 まこと元祇園芸妓/JAZZシンガー
おすすめのコラム
浄化とクラッシュ ライフスタイル バックスター ルミバイリンガルライフコーチ
ひろこちゃんと私のお手紙のやりとり~11通目~ ライフスタイル 小森 利絵フリーライター
ひろこちゃんと私のお手紙のやりとり~10通目~ ライフスタイル 小森 利絵フリーライター
コラムのジャンル一覧