HOME  前のページへ戻る

小森 利絵 フリーライター えんを描く
レターセットや絵葉書、季節の切手を見つけるたび、「誰に書こうかな?」「あの人は元気にしているかな?」などアレコレ想像してはトキメク…自称・お手紙オトメです。「お手紙がある暮らし」について書き綴ります。
おてがみじかん ライフスタイル 2023-01-18
感謝の気持ちを、改めてちゃんと伝える
年始はどのように過ごされましたか?

私は例年のごとく、午前中はゴロゴロして、昼過ぎにモゾモゾと郵便受けを見に行き、いただいた年賀状を読むという時間を楽しみました。私にとって何より贅沢だなと思う、幸せなひとときです。「お元気そうで何より」「新しい一歩を踏み出されたんだな」「挑戦し続けているだな」「決断されたんだな」「今年こそはお会いしたい」など、年賀状から思い浮かぶ相手の顔や近況、希望に心が躍りました。

同時に、喪中はがきが届いた友だちにはお手紙を書こうという気持ちもありました。
年賀状を見ながら、今年は「なるほど!こうすれば一枚一枚、手書きできる」というアイデアに注目していました。思いをもっと乗せる表現の仕方はないかなと模索したり、年賀状でのやりとりは年々減ってきていて、ゆくゆくは一枚一枚手書きにしてもいいなとの思いがあったりするので、気になったのだと思います。

参考になったアイデアは、たとえば…

モノクロ写真の上に、今年のキャッチコピーを手書きしたもの
一筆書きできるシンプルなイラストを描いたもの
折り紙を切り貼りしたもの
写真シールをつくって、それを組み合わせたもの

といったものです。いろんな表現の仕方があります。

私の、今年の年賀状はこちらです。

2023
Happy New Year


自分の細胞は、いつも味方してくれてるで!

落ち込んだ時、「ああぁ」「はあぁ」と心の声が漏れ出るようになりました。そんな時、中学生の娘が声をかけてくれます。最近の印象的な励ましの一言が前述の言葉。娘曰く、「身体の細胞は自分が生きるために一所懸命、働いてくれてるやろ?だから、『自分の味方になってくれる人なんて誰もおらん』と思えたとしても、自分の身体の細胞は自分の味方をしてくれてるはずやで」。身体の細胞に意識を向けると、自分は自分だけど、自分だけではない感じがしてきます。そのうち、自然と、周囲の人たちにも目が向いて、今こうしていられることに感謝の気持ちが湧いてくるのでした。いつもありがとうございます!

近況報告:
中学3年の娘は高校受験。中学校入学時はコロナ1年目で“青空入学式(校庭で開催)”だったのを思い出します。私は最近、おさんぽコース上に1本の“おともだちになりたい木”を見つけました。1年かけて交流していきたいと思っているところです。

構成として、

①娘作「干支の絵」
②コラム
③近況
+宛名面に一人ひとりに向けての手書きメッセージ、宛名も手書き

となっています。

ライターとして「書くこと、表現すること、伝えること」を仕事にしているので、メッセージ性のある内容にしたいと、「②コラム」の部分に、特に心を注いでいます。そのため、レイアウトには時間がかからないように、2017年から同じレイアウトに固定しました。
毎年11月くらいから、今年はどんなメッセージを書こうかと悩み始めます。

ぱっとは思い浮かびませんから、悶々と悩み考え続ける日々が続きます。どんどん年末が迫ってきますから、だんだん焦りも出てきます。なかなかしんどさを伴うのですが、ぼんやりとでも「今年はこうだったな」「こんなことを感じたな」「あんなこともあったな」「こうなったらいいな」と考えるうち、「そうだ!こういうことを大事にしていきたいんだ」と気づけること、見えてくるものがあるんです。

コラムを書くと決めていなければ、そのまま流してしまっていることがたくさんあったかもしれません。そう思うと、この「②コラム」について悩み考える時間は、しんどくても大事な時間だなと改めて思います。

今年は、自分の中にある「まわりの方々への感謝の気持ち」に、光を当てることができました。

その時々に「ありがとうございます」「助かります」「嬉しいです」と伝えているものの、「感謝の気持ちを改めてちゃんと伝える」ということも大事なのではないかなと思ったんです。

日々、相手の言葉や行動に救われることがあります。
相手にとっては何気ない、当たり前のことかもしれないけれど、相手の“どんな”言葉や行動によって、“どう”嬉しかったのか、心が救われたのか、助かったのかという、“どんな” “どう”という部分まで、自分の言葉でちゃんと伝えることで、日々に流されてしまうものを掬い上げ、光を当てることができるんじゃないかなと思ったんです。

伝えるこちら側にとっては感謝の気持ちを今一度持つことにつながり、相手にとっては前向きな何か、生きる何かにつながることもあるのではないか、そうなったらいいなとも。そういう輪がつながっていったら素敵かもしれないなど、いろいろ考えていました。

「感謝の気持ちを改めてちゃんと伝える」機会になるのが、年賀状であり、誕生日であり、そういった節目なのではないでしょうか。

そういった節目はもちろん、今年は何気ない日常のお手紙の中でも伝えていけたらいいなと思いました。誰しもいつ何が起こるかはわからないということを、時代的にも年齢的にも、より身近に感じるようになったので、余計にそう思ったのかもしれません。

ドラマチックなことより、日々の中に埋もれてしまうような、小さなことに光を当てていきたいと思います。「元気にしてる?」とふと声をかけてくれたことで心が救われたとか、笑顔と「大丈夫、大丈夫」という一言でほっとできたとか、こうしてやりとりできていることだけで嬉しいとか。

年賀状を書きながら受け取りながら、今年はそんなことを感じ思い考えていました。
profile
レターセットや絵葉書、季節の切手を見つけるたび、「誰に書こうかな?」「あの人は元気にしているかな?」などアレコレ想像してはトキメク…自称・お手紙オトメです。「お手紙がある暮らし」について書き綴ります。
小森 利絵
フリーライター
お手紙イベント『おてがみぃと』主宰

編集プロダクションや広告代理店などで、編集・ライティングの経験を積む。現在はフリーライターとして、人物インタビューをメインに活動。読者のココロに届く原稿作成、取材相手にとってもご自身を見つめ直す機会になるようなインタビューを心がけている。
HP:『えんを描く』
 
『おてがみぃと』
『関西ウーマン』とのコラボ企画で、一緒にお手紙を書く会『おてがみぃと』を2ヵ月に1度開催しています。開催告知は『関西ウーマン』をはじめ、Facebookページで行なっています。『おてがみぃと』FBページ

小森 利絵  おてがみじかん  コラム一覧>>
おすすめのコラム
ライフスタイル
映画「オッペンハイマー」
バックスター ルミ
バイリンガルライフコ…
RumiBaxter
ライフスタイル
新芽
バックスター ルミ
バイリンガルライフコ…
RumiBaxter
ライフスタイル
パーフェクトデイズ
バックスター ルミ
バイリンガルライフコ…
RumiBaxter
コラムのジャンル一覧



@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
[心に響く本]
橋本信子先生の
[おすすめの一冊]
絵本専門士 谷津いくこの
[大人も楽しめる洋書の絵本]
小さな絵本屋さんRiRE
[女性におすすめの絵本]
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(台湾)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(農業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME