HOME  前のページへ戻る

藤田 由布 婦人科医 大阪なんばクリニック
大阪なんばクリニックで「気軽にだれでも来れる敷居の低い婦人科」を目指し、心込めて日々の診療に邁進しています。生理痛は我慢しないでほしいこと、更年期は保険適応でいろんな安価な治療が存在すること、婦人科がん検診のこと、女性にとって大事なこと&役に立つことを中心にお伝えします。
婦人科医が言いたいこと 医療・ヘルシーライフ 2020-05-28
子宮頸がんの原因はウィルス感染です。
子宮頸がん9価ワクチン、やっと承認です。

子宮頸がんはワクチンで予防できる事をご存知でしょうか? 

子宮頸がんの原因はヒトパピローマウィルス略してHPVです。これは殆ど性交渉でしかうつりません。

子宮頸がんワクチンの世界スタンダードは9価。男性も接種してる国も多い中、日本は4価ワクチンのみ承認されていて、しかも接種率は悲しいことに0.1%以下です。

"4価ワクチン"は頸がんの原因となるヒトパピローマウィルスの60%しかカバーできないのですが、"9価ワクチン"は95%カバーします。

オーストラリアでは、もうすぐ子宮頸がんが撲滅されると言われる中、日本では毎年3万人が頸がんを宣告され、毎年3千人の若い女性が亡くなる、異様に身近な「癌」なのです。
日本では、1994年〜1999年生まれの女性のみ定期接種してきた過去があります。

2000年以降、日本はワクチンの積極推奨を手放し、子宮頸がんの症例数は近年もどんどん増加し続けていても沈黙を続ける日本行政。

国際機関から名指しで非難されても、なお、子宮頸がんワクチンの積極推奨に我関せずの日本。

子宮頸がんワクチンを推進してこなかった日本行政に対して日本の女性たちは訴訟すべきである、と声をあげる医師さえもいます。

今回は、「子宮頸がん9価ワクチンが承認された」という一歩であり、これは世界スタンダートに少し近付けただけにすぎません。

なぜなら、日本行政はまだ積極的に定期接種の奨励するには至っておらず、2020年現在も日本は子宮頸がんワクチン接種率は0.1%以下なのです。
なぜ男性も子宮頸がんワクチンを接種するといいのでしょうか?
妻が子宮頸がんを発症したら、そう、それは夫がうつしたウィルスのせいかもしれません。この事実はあまり知られてませんよね。男性にしてみたら疑いたくなる事実だと思います。

このウイルスに感染してから頸がんが発症するまでは、数年〜十数年と言われています。逆算したら、必ずしも夫がうつしたウィルスのせいかどうかは定かではありません。

子宮頸がんの診断をご夫婦で聞きに来られる際、やはり結構気を遣います。そりゃそうですよね、貴方の愛する妻を癌にしたのは、貴方の持っていたウィルスのせいかも知れませんから。でも、そんなことは口が裂けても自分の患者には言えません。

男性が子宮頸がんワクチンを打ったら、男性自身の肛門癌や咽頭癌も予防できます。それと、貴方の愛するパートナーを子宮頸がんから守ることも出来るのです。

日本以外の77カ国が男性へのHPVワクチンを承認しており、そのうち24カ国が公費補助しています。女性を大事にするブラジルとかは当たり前のように男性も9価ワクチン打っています。

日本のような女性地位が低い国では、男性がHPVワクチンを打つなんて議論にもなりませんよね。男女とも9価ワクチンを当たり前に定期接種する、こんな簡単な事が日本では10年単位で遅れているのです。
定期接種は無料です、ただし小6〜高1まで。
定期接種が小6〜高1生というのは、性交渉する前の年齢で免疫をつけるためです。

子宮頸がんワクチンの定期接種とは、小6〜高1生の間に計3回打ちます。1回目のあとは、2ヶ月後に2回目、6ヶ月目に3回目。

計3回とも無料で接種するためには、高校1年の秋までに1回目を打たなくてはなりません。そうすると3回分全部無料となります。

小学校6年生から高校1年生までの間にに各自治体の役所で問診票をもらい、その問診票を持参して指定された施設に行ってワクチン接種する、という流れです。

高校2年生になったら、途端に自費診療つまり有料になります。うちのクリニックでは1回分15000円です。初診代など入れて、計3回分で5万円前後が相場です。

自費診療のワクチン接種の相場が5万円って高額のように見受けられますが、これは殆ど病院の収益にはなっていません。ほぼ仕入れ値ですから。
全女性の8割は、ヒトパピローマウィルスに生涯に一度は感染しています
大人になっても子宮頸がんワクチン接種をした方が良いですか、という質問をよくされます。

40歳以降の子宮頸がんワクチン接種は、別に接種してもいいのですがあまり奨励していません。なぜなら、年齢があがればすでに感染した人ばかりだからです。

事実、8割の女性が生涯で一度はこのウイルスに感染しているという報告があります。ある程度の大人の方には、ワクチンよりも、むしろ定期検診をしっかり受けることを勧めます。
実際に、このウィルスに感染してもほとんどの女性は免疫力で何ともなく感染に打ち勝ってるのです。ごく一部の女性だけが子宮頸がんを発症してしまいます。

陰部に感染するHPVは計40種類くらい存在するのですが、そのうち15種類くらいが子宮頸がんに関与する種類の型なのです。ほとんど全て性交渉で男性から女性にうつるのです。
この癌の原因となるHPVを「ハイリスクHPV」といい、この「ハイリスクHPV」に感染した人の0.1〜0.3%が子宮頸がんを発症するのです。
だから、男性もワクチン接種すべきなのです。自分の妻が子宮頸がんになってからでは、後悔しても仕切れませんから。

男性の皆さんにとって、自分が持ってたウイルスのせいで妻が癌になった、なんて知りたくない事実ですよね。

「子宮頸がんはもはや人災」という国もあります。ワクチン接種を推進しない国政を訴えるという国民が出てきてもおかしくありません。

世界中で子宮頸がんワクチンを実施している中、日本の子宮頸がんワクチン接種率は0.1%以下。子宮頸がんは驚くほど身近な癌です。だから日本は定期検診をちゃんとしないといけない国なのです。

子宮頸がんで毎年1万人以上の若い女性が子宮全摘を強いられ、毎年3000人もの若い女性の命が失われているのですから。
profile
大阪なんばクリニックで「気軽にだれでも来れる敷居の低い婦人科」を目指し、心込めて日々の診療に邁進しています。生理痛は我慢しないでほしいこと、更年期は保険適応でいろんな安価な治療が存在すること、婦人科がん検診のこと、女性にとって大事なこと&役に立つことを中心にお伝えします。
藤田 由布
大阪なんばクリニック 婦人科医長

大学でメディア制作を学び、青年海外協力隊でアフリカのニジェールへ赴任。1997年からギニアワームという寄生虫感染症の活動でアフリカ未開の奥地などで約10年間活動。猿を肩に乗せて馬で通勤し、猿とはハウサ語で会話し、一夫多妻制のアフリカの文化で青春時代を過ごした。

飼ってた愛犬が狂犬病にかかり、仲良かったはずの飼ってた猿に最後はガブっと噛まれるフィナーレで日本に帰国し、アメリカ財団やJICA専門家などの仕事を経て、37歳でようやくヨーロッパで医師となり、日本でも医師免許を取得し、ようやく日本定住。

現在は、大阪なんばクリニックで「気軽にだれでも来れる敷居の低い婦人科」を目指し、心込めて日々の診療に邁進しています。日本人で一番ハウサ語を操ることができますが、日本でハウサ語が役に立ったことはまだ一度もない。

「大阪なんばクリニック」の婦人科は、女性医師のみで診療させて頂いております。おりもの異常、生理痛から更年期障害まで最先端の治療を取り入れながら、どんな些細なお悩みでも真摯に対応します。

⇒藤田由布さんのインタビュー記事はこちら
大阪なんばクリニック
大阪市中央区難波5-1-60 なんばスカイオ 9F
TEL:06-6648-8930
HP:https://osakanamba-cl.com/department/gynecology.php
FB:https://www.facebook.com/fujitayu

藤田 由布  婦人科医が言いたいこと  コラム一覧>>
おすすめのコラム
医療・ヘルシーライフ
オーラルフレイルを予防しよう
阿部 純子
歯科医師
じゅん矯正歯科クリニ…
医療・ヘルシーライフ
歯石は自分で取れる?
阿部 純子
歯科医師
じゅん矯正歯科クリニ…
医療・ヘルシーライフ
歯がキーンとしみたら
阿部 純子
歯科医師
じゅん矯正歯科クリニ…
コラムのジャンル一覧



@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
[心に響く本]
橋本信子先生の
[おすすめの一冊]
キュレーター八津谷郁子の
[大人も楽しめる洋書の絵本]
小さな絵本屋さんRiRE
[女性におすすめの絵本]
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(台湾)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(農業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME