HOME  前のページへ戻る

小森 利絵 フリーライター えんを描く
レターセットや絵葉書、季節の切手を見つけるたび、「誰に書こうかな?」「あの人は元気にしているかな?」などアレコレ想像してはトキメク…自称・お手紙オトメです。「お手紙がある暮らし」について書き綴ります。
おてがみじかん ライフスタイル 2018-12-28
年賀状の代わりに「寒中見舞い」
あと数日で、今年も終わりますね。みなさんは年賀状を書きましたか? 「もう投函した」という人、「今から」という人、「年賀状は出さない」という人もいるでしょう。私は「今から」派です。

私にとって「年賀状を書く時間」は「年末年始の特別な時間」で年に一度の楽しみ。

この1年の間に新しく出会った人、何かしらの時間を一緒に共有した人、年賀状でつながっている人など、一人ひとり思い浮かべてメッセージを書き綴る時間は、慌ただしく過ぎ去っていく毎日の中で、ふと立ち止まるきっかけを与えてくれるような気がします。

年賀状を書くことで、今年1年のさまざまな出会いやおもしろいご縁に再びときめいたり、あの人やその人の想いや心配りなどに改めて気づけたり、自分が今こうしていられることをありがたく思えたり、感謝の気持ちをちゃんと伝えられる機会になったりと、とても深く、豊かな時間になるからです。

とはいえ、実際にはそんなにゆったりと「年賀状を書く時間」を持つことができているわけではありません。

11月中頃から「そろそろ、年賀状を」と思いながらも、日々のことに追われ、結局は12月半ばになっても「まだ年賀状が出来ていない!」と頭の中で焦るばかり。郵便局が設定する「元旦到着のための投函期間」を過ぎてから、ようやく本格的に年賀状をつくり、書き始めます。

私の場合、年末年始は自宅で過ごすので、大晦日と元旦にテレビを観ながら、年賀状に住所とメッセージを書き綴るというのが、恒例行事になっています。そんな感じで、年賀状を書く時間を特別だと思いながらも、ドタバタと駆け抜けてしまうので、「一人ひとりにもっとじっくりとメッセージを書きたいなあ」という想いが、どこかにありました。

むしろ、大晦日やお正月のほうが、時間にも心にもゆとりを持って書けるのではないかと思ったので、「年賀状」以外に冬のお便りが何かないかなあと探していたら、「寒中見舞い」にたどり着きました。

年賀状と寒中見舞いの違いについて、私が調べた結果を簡潔にまとめてみました。

◎年賀状
目的/新年を祝うお手紙
期間/元日、遅くても1月7日まで

◎寒中見舞い
目的/寒さ厳しい冬の日、相手の健康を想い、書き綴るお手紙
期間/1月8日から2月3日頃まで

寒中見舞いといえば、喪中の場合や喪中の方に向けて送るイメージが強かったのですが、夏の暑中見舞いのように気軽に出せるお手紙です。

ウェブサイトでいろいろな投稿を調べていると、「新年のあいさつはSNSやメールで行い、じっくりメッセージを書きたい相手には後で寒中見舞いを送る」「年賀状より、『年賀状期間からずれて届く』&『めったに届かない』寒中見舞いのほうが印象に残りやすいので、活用している」など、さまざまな用途で楽しんでいる人がいました。

「年賀状を書かずに、寒中見舞いにする?」「仕事関係は年賀状、親しい相手には寒中見舞いと使い分ける?」などちらっと考えながらも、やっぱり今年も私は年賀状を書きます。

せっかくなので、もらった年賀状を読んでいて「おぉ!」「これは返事を書かなくては」と思いながらも、結局は1年後の年賀状で返事を書くというパターンになっていたものについて、寒中見舞いとして気持ちも話題もホットなうちに返事を書いてみようかなあと思います。
100円均一ショップで見つけた「スポンジスタンプ」に、青系のインクを付けて、ぽんぽんぽんと押してみました。雪? 雪だるま? なイメージです。
profile
レターセットや絵葉書、季節の切手を見つけるたび、「誰に書こうかな?」「あの人は元気にしているかな?」などアレコレ想像してはトキメク…自称・お手紙オトメです。「お手紙がある暮らし」について書き綴ります。
小森 利絵
フリーライター
お手紙イベント『おてがみぃと』主宰
編集プロダクションや広告代理店などで、編集・ライティングの経験を積む。現在はフリーライターとして、人物インタビューをメインに活動。読者のココロに届く原稿作成、取材相手にとってもご自身を見つめ直す機会になるようなインタビューを心がけている。
HP:『えんを描く』
 
『おてがみぃと』
『関西ウーマン』とのコラボ企画で、一緒にお手紙を書く会『おてがみぃと』を2ヵ月に1度開催しています。開催告知は『関西ウーマン』をはじめ、Facebookページで行なっています。『おてがみぃと』FBページ

小森 利絵  おてがみじかん  コラム一覧>>
おすすめのコラム
ライフスタイル
「ボヘミアンラプソディ」
バックスター ルミ
バイリンガルライフコ…
RumiBaxter
ライフスタイル
お祝いの年月と赤いバラ
岡田 真結子
フラワーデザイナー/…
flower & b…
ライフスタイル
Simple life
真箏 まこと
元祇園芸妓/JAZZ…
真箏の部屋
コラムのジャンル一覧



@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
「心に響く本」
橋本信子先生の
「おすすめの一冊」
大人も楽しめる
英語の絵本&児童書
小さな絵本屋さんRiRE
女性におすすめの絵本
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME