HOME  前のページへ戻る

池田 千波留 パーソナリティ、ライター 香のん
(←プロフィールは写真をクリック)宝塚歌劇の魅力にぐいぐい迫っていきます!
タカラジェンヌ歳時記 趣味・カルチャー 2015-10-16
榛名由梨さんにお聞きする「ヒゲの二枚目」誕生譚
先月、宝塚大劇場では星組『ガイズ&ドールズ』が上演されました。
ギャンブラーを主人公にした作品ということもあってか、
多くの二枚目男役さんがヒゲをつけていました。
この公演に限らず、最近の宝塚歌劇では、
主役級の男役さんがヒゲをつけることが珍しくありません。
 
しかし、かつては宝塚歌劇でヒゲをつけるのは、
おじいさん役や、敵役など、脇役のベテランだけだったのです。
主役の二枚目がヒゲをつけることがあるとしても、
ショーの一場面で可愛らしいおじいちゃんを演じるなど、
遊びの要素がある場合に限られていました。
 
そんな「常識」を覆し、新しい男役のありかたを方向付けたのは、
元月組トップスターの榛名由梨さん。
今月は、不朽の名作『風と共に去りぬ』のレット・バトラー役で、
主役として初めてヒゲをつけることになった榛名由梨さんに
当時のことをお聞きしました。

榛名さんは昭和38年、宝塚歌劇団に入団後、
月・雪合同公演『ウエストサイド物語』の”アクション”役で頭角を現し、
ダンスで実力を発揮することになります。

昭和48年に月組トップスターに就任。
翌年昭和49年8月の『ベルサイユのばら』初演で、
男装の麗人・オスカルを演じ、社会現象ともなった「ベルばらブーム」の
火付け役となりました。

昭和52年『風と共に去りぬ』では初代レット・バトラーを演じ、
初めてトップスターが口髭をつけることで大きな話題を呼びました。
安奈淳さん、汀夏子さん、鳳蘭さんとともに「ベルばら四強」と呼ばれ、
宝塚歌劇の黄金時代を築きあげ、昭和63年、惜しまれて退団されました。

ここからは、榛名さんとの質疑応答をお伝えします。

⚫︎二枚目として初めてヒゲをつけることになって、どのように思われましたか?

ヒゲというのは二次的な問題で、まずはレット・バトラーのような、
リアルな男性を演じることができるか、ということに直面しました。
もともと宝塚歌劇の男役が演じるのは夢の王子さまでしょう?

私は『ウエストサイド物語』で、王子タイプではない
”アクション”役をさせていただいたけれど、あくまでも青年役。
レット・バトラーは中年男性で、しかも南部魂を持った男の中の男。
『ベルサイユのばら』のオスカルやアンドレといった
劇画の役を演じたあとでのレット・バトラーで、
まさに未経験の領域に踏み出す思いでした。

また、榛名由梨のイメージが壊れるのではないか、
夢を壊してしまうのではないかと心配の声もあがりました。
ですから演出の植田紳爾先生と何度もご相談しました。

私は素顔がいわゆる男顔ではなくて、女性の顔なのね。
しかも笑うとエクボがでるんです。
それがレット・バトラーを演じるにあたってはマイナス要素になる。
それだったら、ヒゲをつければそちらに目がいって
エクボが目立たないかもしれなし、
ヒゲが大人の色気を演出してくれるかもしれない、という結論になりました。

⚫︎初めてヒゲをつけるにあたり、ご苦労された点は?

ヒゲをつけることで、メイクを根底から見直す必要に迫られました。
従来の男役メイクといえば、白っぽい肌色に、赤みのある焦げ茶色の眉毛で、
ブルーのアイシャドウにつけまつげ、唇も明るい色の口紅を塗っていました。

でもそんなメイクでは、骨のある南部の男レット・バトラーらしさが出ない。
だから、まず肌色は日焼けしたような色にして、
目頭に濃い茶色のアイシャドウをほどこして、眉毛も濃く黒く…。

目指すのは、美術室にある塑像や彫刻のように陰影のある顔なのに、
なかなかそうは見えない。
眉毛の形や長さやちょっとしたことでバランスが崩れるの。
だから、1日じゅうヒゲをつけた状態で美容院の鏡の前にいましたよ。
相談をしながら、メイクをして、それをポラロイドカメラで撮影して、
それをみてメイクをやり直す…の繰り返し。

もともと私はどんな役の時でも、その役の性格や年齢に合わせて、
いつもメイクは変えていました。
だけど、このときほど考え込んだことはないです。
そうして研究しているうちに、ヒゲをつけるなら額は角ばっている方が
男らしく見えるとわかってきました。

でも、私は富士額で、前髪の生え際も丸いんです。
だから、四角い額にするために、毛を抜きました。
蒸しタオルでおでこを温めて、少しでも毛穴を広げてから抜くのだけど、
痛くて痛くて!毎日涙を流しながら額の形を四角く整えていました。
ひとことでヒゲをつけるといっても、
従来のメイクにヒゲだけつければ良いってものではなかったのよ。
 
⚫︎周囲の反響はいかがでしたか?

宝塚歌劇でトップスターが初めてヒゲをつけることを
新聞などのマスコミが大々的に報じていただいたから、
私の周囲でも賛否両論、すごい騒ぎになりました。

これまで老け役でヒゲをつけた経験のある上級生のかたたちが
「私たちはこれまでヒゲをつけてきたのに、
どうして今回だけこんなに騒がれるの?」とおっしゃるので、
「すみません、すみません」と謝ったり、
続演が決まっていた星組のトップスター ツレちゃん(鳳蘭)が
「ヒゲつけんといてね。私もつけないといけなくなるヤン」と直訴しに来たり。
実際につけてみたら、彫りの深いツレちゃんは、
ヒゲがよく似合ってかっこよかったのにね。

そんな大論争の中、長谷川一夫先生が
「大丈夫。かっこよく見えるヒゲを僕が作ってあげるから」とおっしゃって下さいました。
先生の床山さん(カツラなど作成する部門)が、
私の顔のサイズに合う、細身でちょっと明るい色目のコールマンヒゲを
初日に間に合うように作って送ってくださったんです。

長谷川一夫先生には「ベルサイユのばら」の時に演技指導していただいて以来、
何かとお世話になりました。
先生は役者でいらっしゃったので、言葉でおっしゃるだけでなく、
演じて見せてくださいました。
演出家であり、役者の心がわかるかたであり、
本当に、ひとつひとつ、ひとことひとことがすばらしくて、
ありがたかったです。
 
⚫︎実際にヒゲをつけて舞台に立っていかがでしたか?

風と共に去りぬは一本立ての作品で、休憩を挟んで一部と二部の構成でした。
初日があいてしばらくのあいだは、
第1部はヒゲなしで、第2部はヒゲをつけて出ていたんです。
それは植田紳爾先生のご発案で、「ヒゲ」の評判を見ることと、
ファンの人に、両方の顔を楽しんでいただくという二つの意味を持っていました。
でも意外にもヒゲが好評で、すぐに芝居冒頭からヒゲをつけるようになりました。

好評なのはありがたかったですが、
ヒゲをつけてセリフを言うのは予想以上に難しかったですよ。
だって、口の上にのりで貼り付けているんですものね、
突っ張って思うように口が開けられません。

特に「イ」や「エ」といった、口を横に開ける音が発音しにくかった。
それで、どうすれば発声しやすいだろうと考えて、
ヒゲの中央部分だけのりをつけずに「遊び」をもたせておくと
喋りやすいことに気がつきました。

当初、のりは弱めのものを使っていました。
ところがある日のこと。
形勢不利な南部軍への寄付を募るバザーで、
お嬢さん方と踊るのに青年たちがお金を賭け、
それを南部軍への義援金にあてるというシーンがあります。

喪中で黒いドレスを着たスカーレットが、
踊りたくてうずうずしているところに、
「金貨で150ドル!」とバトラーが現れる印象的な場面で、
スカーレットを引き寄せて、踊っていると、
ミッキー(スカーレット役の順みつき)が、
私を見て吹き出しそうになりながら、芝居をしているんです。

汗でヒゲののりの一部がはがれて、セリフを言うたびに
ヒラヒラヒラヒラ、ヒゲが踊っていたらしく、
ミッキーは笑いをこらえるのに必死だったそうです。

以来、ガムスピリッツという強いのりに変えたら、
ヒゲが途中で外れることはなくなったけれど、
ひどい肌荒れに悩むことになりました 。
1回の公演で、ヒゲはつけっぱなしではないんです。
フィナーレナンバーで一旦はずし、大階段を降りるときにまたつける。
2回公演だったらその繰り返しです。

のりにかぶれて、まるでやけどをしたみたいに鼻の下は真っ赤。
『風と共に去りぬ』のあとしばらくは、
『歌劇』や『宝塚グラフ』といったポート撮影ができませんでした。

そんな思いをしながらも好評だった「風と共に去りぬ」ですが、
東京公演に向けて、ヒゲ問題が再燃しました。
当時の東宝の重役さんたちが、
「榛名にヒゲをつけさせるなんてダメだ!」「イメージが壊れる!!」と、
 大反対なさったんです。

新聞記事にもなりましたよ「ヒゲは箱根を越えるか?!」というタイトルで。
このときは植田紳爾先生が、すぐに東京に飛んで、説得してくださいました。
そして東京公演でも長谷川一夫先生が、特製のヒゲをどっさり届けてくださいました。

⚫︎榛名さんはフロンティアですね。

オスカルのときといいバトラーのヒゲといい、
自分で意図したわけではありませんが、
結果的に先駆者の役割を果たすことになりました。

その後、麻実れいさん、平みちさん、大浦みずきさん、杜けあきさんたちが
それぞれヒゲをつけることになったとき、相談に来られてね。
私の体験で役立つのならと、いろいろお教えしましたよ。

いま、ヒゲの男役さんがカッコイイ!と
憧れの眼差しで見られているとしたら
その道筋をつけるお役に立ったのかしら、と嬉しいです。
 

榛名由梨さん、貴重なお話をありがとうございました。

退団後も、さまざまな舞台で活躍される榛名由梨さん。
ご提供いただいたお写真は今年(2015年)3月に、
下級生である未央一さんとの「初コンビDe大爆show」で、
再びレット・バトラーに扮しヒゲをつけられた時のものです。
退団されて27年とはとても思えません。

ちなみに舞台の方は端正な榛名さんバトラーに
芸達者でちょっと(?)三枚目の未央さんスカーレットがからみ、
客席の爆笑を誘ったのでした。

榛名さんは近々、大東文化大学教授の藏中しのぶさんとの共著で
『榛名由梨とその時代』の出版を予定されています。
また年末には下級生 初風緑さんとのLIVEもあるそうで、
詳しい情報は榛名由梨さんのブログ『榛名由梨の愛あればこそ』を
ご参照ください。
取材ご協力:榛名由梨様
写真ご提供:株式会社プランニングはるなJ様



 

池田 千波留  タカラジェンヌ歳時記  コラム一覧>>
趣味・カルチャー
音楽の入り口タカラヅカ
おすすめのコラム
趣味・カルチャー
春はあけぼの。星は昴。
樋口 陽子
星空案内人
yoppie sty…
趣味・カルチャー
立春の頃の恋人達
樋口 陽子
星空案内人
yoppie sty…
趣味・カルチャー
冬のダイヤモンド
樋口 陽子
星空案内人
yoppie sty…
コラムのジャンル一覧



@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
「心に響く本」
橋本信子先生の
「おすすめの一冊」
大人も楽しめる
英語の絵本&児童書
小さな絵本屋さんRiRE
女性におすすめの絵本
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME