HOME  前のページへ戻る

岡田 真結子 フラワーデザイナー/バーテンダー flower & bar Relier(ルリエ)
皆の日常に、植物がそっと寄り添ってくれることを願い、その時々の私なりのお花の楽しみ方や、花屋として植物と向かい合う中で気付いた素敵な発見をお話していきます。
季節を楽しむ花レシピ ライフスタイル 2015-09-23
お花の香りとワイン、お料理のマリアージュ
私はflower & bar Relier(ルリエ)という、
昼はお花屋さん、夜はBARというスタイルのお店を営んでいます。

先日、普段からお世話になっているレストランのシェフ、
ワインのインポーターさんの協力を得て、
お花の香りとワインの香り・味、
そしてお料理とのマリアージュを楽しんで頂くイベント、
Five senses cruiseを開催しました。
これは、美味しいお料理とワインを味わって頂くのが一番の目的なのですが、
そこにお花もプラスして、
ワインの色や香りを確かめるように、
お花の香りを嗅いだり、花びらや葉に触ってもらい、
お花との距離を縮め、興味を持っていただければという願いもありました。

事前に、当日お出しするワインを決定するための試飲を行い、
ワインが決まったら、
次は注いだ時の香りや色、飲んだ後の印象や、グラスに残った香りなどから、
そのワインを表現するためのお花を、照らし合わせて選んでいきました。

普段私はお花の仕事をしていて、沢山の香りに触れています。

一般に“お花の香り”と言われて思い浮かべるのは、
咲いているお花に顔を近付けて香ってくる香りだと思いますが、
それもお花によって、鼻の奥にふわっと留まる香りだったり、
スッと抜けていくすっきりした香り、
思わず深呼吸したくなるような、うっとりする香りなどがあります。

でも、普段私が嗅いでいる香りはそれだけじゃなくて、
例えば、葉を取り除いた時の青臭い香りや、
茎をカットした時のアクを感じる香り、
花びらを1枚剥がした時の香りなど、
1本のお花であっても、様々な香りが漂います。

私にはそんな香りの記憶が蓄積されて、
ワインを飲んだ時に、“あぁ、このワインはあの花の香りに似ているな”と、
より具体的に、お花のイメージと結び付くようになりました。

実際、ワインはよくお花の香りにも例えられますが、
そのお花の香りを、どれくらいの人が嗅いだ事があるでしょうか。

それなら実際にお花に触れてもらい、
どんな手触りか、どんな香りかという経験を増やせば、
それがお花に興味を持つきっかけとなったり、
お食事の時にお花を飾る習慣が出来ればいいな・・・という期待も、
心の中に、密かに抱いていました。

こうして、当日用意したお花たち。
スパークリングワインには、その泡のように、
小さな花が集まった、白の小花を何種類か束ねました。
イチゴのような味と香りを感じた白ワインには、
キイチゴとブラックベリーの組み合わせを。
カカオやコーヒーのような濃い香りの赤ワインには、
ふくよかで豊かな香りの、“ガナッシュ”というカーネーション。
それぞれのワインに対して私が当てはめて選んだお花は、
来て下さった方のイメージと、もしかしたら異なるものもあったかもしれません。

でも、
「時間が経つにつれて、ワインの香りがこのお花の香りに近付いてきた」
とか、
「このばらの香りが好き。こんな香水があったら、ずっと付けていたい。」
などという嬉しいお言葉も聞けて、
ワインとお料理にプラスして、
お花も楽しんでもらえたのではないかと思っています。

お料理やワインのような美味しい物も、
お花のような美しい物も、
どれも五感を震わせ、心を満たしてくれるものです。
このイベントを“Five senses cruise”と名付けましたが、
その名の通り、
お花の香り、ワインの香りを嗅ぎ、お料理の美味しい匂いに心を躍らせ、
お花に指で触り、
葉の擦れる音や、調理する音、ワインを注ぐ音を聞き、
ワインの色の違いを見たり、花びらの光沢に気付いたりして、
五感を使って心を満たしたクルーズとなりました。

私が1人で出来る事には限りがありますが、
今回は、一緒に協力してくれる人の力添えがあったからこそ。

次のクルーズはどんな提案をしようかと、
またアイデアを寄せ合って、これから作戦会議です。
 
創作料理とワインのお店 上田慎一郎にて
写真:伊達葉子
皆の日常に、植物がそっと寄り添ってくれることを願い、その時々の私なりのお花の楽しみ方や、花屋として植物と向かい合う中で気付いた素敵な発見をお話していきます。
岡田 真結子
フラワーデザイナー/バーテンダー
Relierが作る作品や空間は 植物の持つ美しさを最大限に引き出す事を、何よりも大切に考えています。 大輪の花や丸いフォルムの花、シフォンのように柔らかい花びらや、 香水のように甘い香りを放つ花。 美しさに驚きと感動をプラスして、五感で感じるお花をご提案します。
flower & bar Relier ルリエ
〒550-0001大阪市西区土佐堀1丁目6-10 土佐堀トキワビル101
定休日:土・日・祝日(土曜日はレッスンのみ)
TEL:06-6131-4623
HP:http://relier-fleurs.com/  
BLOG:http://ameblo.jp/fleur-relier
FB:fleurRelier

岡田 真結子  季節を楽しむ花レシピ  コラム一覧>>
ライフスタイル
秋を探しに
ライフスタイル
秋の花の設え
おすすめのコラム
ライフスタイル new
お手紙とわたし~東久美子さん編②~
小森 利絵
フリーライター
えんを描く
ライフスタイル new
初雪うれし
真箏 まこと
元祇園芸妓/JAZZ…
真箏の部屋
ライフスタイル
もともと旅が好き。
上野 美穂
小豆島 空き樹バンク
プロジェクト主宰
コラムのジャンル一覧



@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
[心に響く本]
橋本信子先生の
[おすすめの一冊]
キュレーター八津谷郁子の
[大人も楽しめる洋書の絵本]
小さな絵本屋さんRiRE
[女性におすすめの絵本]
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(台湾)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(農業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME