HOME  Book一覧 前のページへ戻る

野良犬の値段(百田尚樹)

読後スッキリ!

野良犬の値段
百田 尚樹(著)
前代未聞の誘拐事件を描いた百田尚樹さんの小説『野良犬の値段』。

最後どうなるのか気になって、読みふけってしまいましたよ。ネタバレしないように注意してご紹介しますね。
インターネットに「誘拐サイト」なるものが立ち上げられたことが始まりだった。

通常、誘拐とは犯行も身代金要求も秘密裏に行われるもの。しかしこの犯人はネット上で犯行を表明した。多くの人が「誘拐サイト」にアクセスし、次の声明に注目することになる。

最初はいたずらではないかと思われていたが、犯人は人質の名前や顔、身代金の要求まで全てネット上で公開した。

人質の身元が特定され、しかも現在行方不明であることがわかり、この犯行はいたずらではないことがわかる。

人質は6人。全員中高年男性のホームレスだった。そして犯人は大手マスコミに身代金を要求した。

億を超える身代金要求に困惑する大手マスコミ。なぜ赤の他人の、しかもホームレスのためにお金を支払わねばならないのか?!しかし、犯人は支払わなければ人質を殺害するという。

日頃ヒューマニズムを謳いあげているマスコミにとって、自分たちの行動次第で人質の命がなくなるのは、本音はどうあれ、耐え難いこと。しかし身代金を渡すことは、犯罪を助長することでもある。身代金を要求されたマスコミは二律背反に苦しむ。
(百田尚樹さん『野良犬の値段』の出だしを私なりに紹介しました)
犯人の狙いは?
身代金は支払われるのか?
警察は犯人を逮捕できるのか?

本当に面白いです。

誘拐事件という縦軸に、報道の偏向、ネット社会の功罪が絡められ、現代の社会問題が浮き彫りになっています。

そして人気テレビ番組制作に長く携わってこられた百田尚樹さんだけに、身代金要求に揺れるマスコミ内部の描写がとてもリアル。

きっと本当にこんな感じなのだろうなぁと想像できます。

もしかしたら登場人物にもモデルがいるのかも。

少なくとも、身代金を要求された報道機関の一つ、某放送局の経営委員の一人である八田尚義という人物は百田尚樹さんご本人ではないかと思いました。

それにしても、卑劣な犯罪である誘拐事件を扱っていながら読後感がこれほど良い小説は、なかなかありません。

天藤真さんの『大誘拐』以来かな。

あ、『大誘拐』をご存知の方には大きなヒントになってしまったかも!

ただ結末がきれいごとにすぎる気がしなくもないけれど、それは、口は悪いが心が優しい百田さんの特徴かと。
野良犬の値段
百田 尚樹(著)
幻冬舎
突如としてネット上に現れた、謎の「誘拐サイト」。“私たちが誘拐したのは以下の人物です”という文言とともにサイトで公開されたのは、6人のみすぼらしい男たちの名前と顔写真だった。果たしてこれは事件なのかイタズラなのか。そして写真の男たちは何者なのか。半信半疑の警察、メディア、ネット住民たちを尻目に、「誘拐サイト」は“驚くべき相手”に身代金を要求するー。日本全体を巻き込む、かつてない「劇場型犯罪」が幕を開ける! 出典:楽天
profile
池田 千波留
パーソナリティ・ライター

コミュニティエフエムのパーソナリティ、司会、ナレーション、アナウンス、 そしてライターとさまざまな形でいろいろな情報を発信しています。
BROG:「茶々吉24時ー着物と歌劇とわんにゃんとー」

パーソナリティ千波留の
『読書ダイアリー』

ヒトが好き、まちが好き、生きていることが好き。だからすべてが詰まった本の世界はもっと好き。私の視点で好き勝手なことを書いていますが、ベースにあるのは本を愛する気持ち。 この気持ちが同じく本好きの心に触れて共振しますように。⇒販売HPAmazon

 



OtherBook

千波留の本棚

アートの道は険しく果てしない

星落ちて、なお(澤田瞳子)

千波留の本棚

自分だけの仮想空間

私が本からもらったもの(駒井稔)

千波留の本棚

近くて遠いのが夫婦?自分は何も知らな…

近いはずの人(小野寺史宣)




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
[心に響く本]
橋本信子先生の
[おすすめの一冊]
絵本専門士 谷津いくこの
[大人も楽しめる洋書の絵本]
小さな絵本屋さんRiRE
[女性におすすめの絵本]
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(台湾)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(農業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME