HOME  Book一覧 前のページへ戻る

A Child of Books by Oliver Jeffers and Sam Winston

Child of booksが案内する物語の世界

A Child of Books
by Oliver Jeffers and Sam Winston
子どものころ、本をたくさん読みましたか? 今も物語を読んでいますか?

この絵本では、表紙のイラストのちょっと透きとおって妖精みたいな Child of books が、物語の世界を案内してくれます。皆が知っている本の文章が、コラージュでイラストに使われています。

いかだに乗った Child of books は、『ドリトル先生航海記』『モンテ・クリスト伯』『海底二万里』などの物語の活字でできた波にのって、男の子の家にやってきます。なんだか元気のない男の子です。

Child of books は、男の子を冒険の旅に連れ出します。物語でできた山を越え、洞窟をぬけ、お城で怪物にでくわし、歌でできた雲の上で眠り、宇宙で思いきり叫びます。男の子はだんだん笑顔になっていきます。始めはほとんど色がなかったページに、色鮮やかな物語の世界が広がっていきます。

人気絵本作家の Oliver Jeffers と活字を使ったアート作品を手がける Sam Winston の共作で、イラストは活字、写真、手書きのイラストなどを組み合わせた独特なコラージュです。Oliver Jeffers の手書きの文字が素敵なので、ぜひ原書で読んでみてください。

男の子のお父さんが、難しい顔をして、”Important Things” とか “Serious Stuff” と書かれた新聞を読んでいるシーンがあります。わたしも、仕事に関係のない本を読むのに、なんだか罪悪感を感じてしまって、小説を控えた時期がありました。一生で読める本の数は限られているのに、つまらない考えで時間を無駄にしてしまったと後悔しています!

絵本は、アメリカの詩人 Muriel Rukeyser の言葉 “The universe is made of stories, not of atoms.”「世界は原子ではなく、物語で出来ている。」の引用で始まり、”For Imagination is Free”というメッセージで終わります。素敵ですね。

表紙には、鍵穴のある本、裏表紙には鍵のイラストが。カバーを取ると、美しい赤い布の装丁になっているのも、テンションがあがります。

絵本には40を超える有名な児童文学のタイトルが登場しますが、知っていても読んでいなかったり、子ども向けの抄訳で読んだりしたものもあるのではないでしょうか。

以前レビューを書いた “The Wanderer”『旅する小舟』の作者が『海底二万里』の挿絵にインスパイアされたという記事を読んで、『海底二万里』を読んでいないことに気づきました。ネモ船長とノーチラス号は聞いたことがあるのに、話を知らない!

慌てて読みましたが、『海底二万里』は、その後に読んだ “All the Light We Cannot See” 『すべての見えない光』という感動的な小説にも登場して、より臨場感を感じることができました。読んで良かったです。

絵本の見返しには、児童文学のタイトルがびっしり並んでいます。他にも読んでいない本、読み返したい本がたくさんつまっていて、眺めているだけでも楽しくなります。本好きの方、子どもたちにも、手にとってもらいたい絵本です。
A Child of Books
by Oliver Jeffers and Sam Winston
Publisher: Walker Books
profile
谷津 いくこ
絵本専門士

絵本を原書で読んでみませんか?アートな絵本、心が豊かになる絵本、英語圏の文化に触れられる絵本などを紹介します。
StoryPlace
HP:http://www.storyplace.jp
Facebook:https://www.facebook.com/storyplacejp/

OtherBook

大人も楽しめる洋書の絵本

読む人によって異なるメッセージ

The Wanderer by Peter Van Den Ende

大人も楽しめる洋書の絵本

美しいデザイン画が織りなす友情の物語

The Fox and the Star by Coralie Bickford…

大人も楽しめる洋書の絵本

"Please”を言わないのは、いけ…

The Elephant and the Bad Baby By Elfrida…




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
[心に響く本]
橋本信子先生の
[おすすめの一冊]
絵本専門士 谷津いくこの
[大人も楽しめる洋書の絵本]
小さな絵本屋さんRiRE
[女性におすすめの絵本]
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(台湾)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(農業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME