HOME  Book一覧 前のページへ戻る

とおい ところへ いきたいな(モーリス・センダック)

この日常と嫌になるほどそっくり

とおい ところへ いきたいな
モーリス・センダック(作)
じんぐう てるお(訳)
後半の延長期間など、どうにも緊急性が実感しづらかった宣言でしたが、やっと解除となりましたね。長かったなあ。

今回ご紹介する作品のタイトルは、まさに今の気分にぴったんこ!と言える内容ではあるんですが、では、主人公のマーチンが遠くへ行くのかと言えば、そうでもないお話です。

お母さんは赤ちゃんの世話に気を取られてばかりで、話を聞いてくれません。

すねてしまったマーチンは「とおいところ」を探すつもりで家を出ます。すると道端でスズメと年老いたウマに出会います。

彼らに「とおいところ」はどこかと尋ねると、両者とも自身がおかれた現状を嘆きながら、自分たちも「とおいところ」へいきたいと言い出します。そこへネコがやってきて…。

元々は、わちゃわちゃとお茶目で滑稽な、楽しい作品なんですが、今ここで注目したいのは、マーチンがその行動に至った心情です。

自身の理解と納得が追いついていないことを蔑ろにされたままで、保護者のいいつけを守らされる窮屈な日々。存在を気にかけてもらえない疎外感。

「聞き分けのいい子」であるほど、そうやって扱われる理不尽への寂しさ。すっかり嫌気がさして、遠くへ行ってしまいたくなる気持ち…。

誰もが子供の頃に、少なからず経験したことのある息苦しさではないかと思います。

幼いなりに、親や保護者のおかれた状況がわからないではない。もちろん下の兄弟が悪いでもない。でも、自分のことも気にかけてほしい。その葛藤が苦しかったんですよね。

私が今、この作品を読んで改めて感じたのは、私たちがこの一年余りおかれている日常ってば、幼い頃に感じたあの理不尽と、嫌になるほどそっくりやん!ということです。わけもわからず、結局なんだかんだで言いなりになるしかない、あの感じ。

コロナ禍になって以来、この作品で描かれているマーチンのように、差し支えない範囲で、たまにちょっとずつでも発散しながら過ごしてきた人もいれば、とにかく控えなきゃ!と、真面目にじっと辛抱してこられた方も、たくさんおられるだろうと思います。

世界中がコロナ禍に陥って一年半、ウイルスが変異するのにも似て、日本中を覆ったままの不安な気持ちの一部も、「不満」へと“変異”しつつあるのかな?と感じる場面も増えてきた気がします。

7月に入り、今年も折り返し地点となったわけですが、残り半分の日々をどのようなスタンスで過ごせばいいのかなあ…?

緊急事態宣言が発出されるたびに、ぱったり誰も来なくなっちゃう自分のお店を眺めながら、マーチンの気持ちに激しく同意したくなったのでした。

あー、どこかの避暑地で、ゆっくりしたい(結局それかい!)
とおい ところへ いきたいな
モーリス・センダック(作)
じんぐう てるお(訳)
冨山房
profile
恒松 明美
『RiRE~リール』店主

小説なら1日。映画なら2時間。絵本なら、長くても15分くらいでしょうか。 それでも小説や映画に負けないくらい、心が満たされる絵本があります。 毎日、時間がたりない…。そんな、忙しく働く女性にこそ、 絵本はよきパートナーとなってくれると思います。

毎日窮屈だな。ちょっと背伸びしてばかりだったかな。 「心の凝り」が気になる時におすすめの、絵本をご紹介します。

ピクチャーブックギャラリー
『RiRE~リール』

大阪府堺市中区深井水池町3125-2
TEL/072-220-9295
営業時間/11:00~17:30
定休日/月曜・火曜+不定休
HP:https://galleryrire.tumblr.com/



OtherBook

女性におすすめの絵本

黒と白、夜と昼、大人と子ども。表の物…

よるとひる(マーガレット・ワイズ・ブラウン)

女性におすすめの絵本

季節の移ろいに思いを馳せる

えほん七十二候(白井 明大)

女性におすすめの絵本

そうだったら素敵!

めを とじて みえるのは(マック・バーネット)




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
[心に響く本]
橋本信子先生の
[おすすめの一冊]
キュレーター八津谷郁子の
[大人も楽しめる洋書の絵本]
小さな絵本屋さんRiRE
[女性におすすめの絵本]
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(台湾)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(農業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME