HOME  Book一覧 前のページへ戻る

ゴミ人間 日本中から笑われた夢がある(西野亮廣)

やるべきことと捨てた方がいいことを教えてもらえる

ゴミ人間
日本中から笑われた夢がある
西野亮廣(著)
西野亮廣さんはお笑い芸人であり、絵本作家であり、日本最大のオンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」の主催者であり、昨年(2020年)12月25日に公開開始となった映画『えんとつ町のプペル』の原作・脚本・製作総指揮の担当者でもあります。

私は公開初日に映画を観に行き、大いに感動しました。あんまりにも感動してしまい、実はその後もう一度見に行ったくらい。

このエッセーには 映画『えんとつ町のプペル』を世に出すまでのことが書かれています。

西野さんの、忙しすぎるほど順調だったお笑い芸人としての活動を縮小した理由について。

タモリさんに勧められてすぐに絵本を書き始めたこと。

映画『えんとつ町のプペル』の前に絵本『えんとつ町のプペル』を作った理由について。

また、絵本を書き始めたり、クラウドファンディングを始めたり、新しいことをするたびにバッシングされたことも。

私は西野さんのオンラインサロンメンバーです。日々、西野さんの書いている文章を読んでいてわかるのは、西野さんが「思いつき」で行動することは ほぼない人だということ。

何か目標を立てた時、闇雲に走り出したりしません。

目先の成功や利益で満足することもありません。

そもそもお笑い芸人としてデビューした西野さんが目指していたのは「頂上」でした。

しかし、できる限りの努力をして売れっ子になり、仕事が忙しくなったとはいえ、それは同世代の仲間から飛び出しただけのこと。

いつまでたってもタモリさんやさんまさん、たけしさんに追いつくことはできないと見切るのです。

西野さんはそこで、大きく方向転換することを決意します。

仕事は順調、周囲からチヤホヤされ、生活水準も上がり、欲しいものが手に入るようになったというのに。「芸人の頂上」ではなく、「エンタメの頂上」を目指すと。

私も、人に楽しんでいただくことが仕事なので、このエッセーはとても参考になりました。

最も胸に響いたのは「育児放棄」の話。文字通りの、子どもの育児を怠る話ではありません。

作品は、出来上がったら「ハイ終わり」ではない、とおっしゃるのです。

作者にとって作品は自分の子どもと同じ。

絵本や映画の完成は、子どもの誕生にすぎず、お客様に届けるところまで一生懸命努力するのが作者としての務めだ、と西野さんはおっしゃるのです。

ところが作品の販売に力を入れると、そこにはお金の問題がついてきます。

日本には、お金に関して一生懸命になったり口を出したりするのが、なんだか悪いこと、卑しいことのように捉えられる風潮があります。

ましてや芸術家となると、作品制作だけやっていて、お金には無頓着な方が麗しいというイメージがあるのではないでしょうか。

最初は西野さんも自分の絵本を売ることに積極的ではなかったそうです。

しかし「芸人が絵本なんか描いて」とバッシングする人の多くが自分の作品を読んでいないことに気がついて、考えを変えたそう。

作るだけ作って、読者の手元に届くように努力しないのは、「育児放棄だ」と気がついたというのです。

私の場合は、自分の担当するラジオ番組をとにかく一人でも多くの人に聞いていただけるよう努力するのが「育児」ということになります。

番組のために一生懸命準備すること、ミスせず放送を終えることだけで満足していたらダメなんですね。

今年は多くのリスナーさんに届くよう、今まで以上に努力するつもりです。

本音を言うと私は、若いうちにこの本を読める人に嫉妬しています。

私も、声の仕事をするという自分なりの夢を一応は叶えているけれど、あっちこっち寄り道してしまった気がするんです。

もちろん人生に無駄なことなど一つもなく、寄り道も私のためになっているとは思ってはいますが、まだまだたっぷり時間がある若い時にこの本を読んでいたら、もっと効率よく進めたかも。

何か目標を定めたばかりの人や、夢を追いかけ始めたばかりの人は、ぜひこのエッセーを読んでみてください。

頑張ろうという気持ちが湧くのはもちろん、やるべきことと、捨てた方がいいことを教えてもらえると思います。
ゴミ人間
日本中から笑われた夢がある
西野亮廣(著)
KADOKAWA
クラウドファンディング支援総額国内最高(5億円)。オンラインサロン会員数国内最大(7万人)。日本のエンターテイメントの中心にいる男の覚悟。 出典:楽天
profile
池田 千波留
パーソナリティ・ライター

コミュニティエフエムのパーソナリティ、司会、ナレーション、アナウンス、 そしてライターとさまざまな形でいろいろな情報を発信しています。
BROG:「茶々吉24時ー着物と歌劇とわんにゃんとー」

パーソナリティ千波留の
『読書ダイアリー』

ヒトが好き、まちが好き、生きていることが好き。だからすべてが詰まった本の世界はもっと好き。私の視点で好き勝手なことを書いていますが、ベースにあるのは本を愛する気持ち。 この気持ちが同じく本好きの心に触れて共振しますように。⇒販売HPAmazon

 



OtherBook

千波留の本棚

大人の方が胸にグッとくる

チックタック〜約束の時計台〜(にしのあきひろ)

千波留の本棚

この街に行ってみたい

流星シネマ(吉田篤弘)

千波留の本棚

もっともっと本を読みたい!そう思わせ…

太宰治の辞書(北村薫)




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
[心に響く本]
橋本信子先生の
[おすすめの一冊]
キュレーター八津谷郁子の
[大人も楽しめる洋書の絵本]
小さな絵本屋さんRiRE
[女性におすすめの絵本]
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(台湾)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(農業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME