HOME  Book一覧 前のページへ戻る

大名倒産(浅田次郎)

神は自ら助くる者を助く

大名倒産
浅田 次郎(著)
ハズレのない作家さん 浅田次郎さんの『大名倒産』上下を読み終えました。
丹生山松平家三万石を継いだばかりの若き殿様 松平和泉守、幼名 小四郎。名前の通り四男だ。父である先代は隠居生活に入っている。

四男である小四郎が跡取りになったのは色々と事情があった。聡明だった長男が死亡。次男は手先が器用なだけの大うつけ、とても家督は継がせられない。三男は心優しい性格で、病の床に。

そこで、小四郎に白羽の矢が立ったのだが、小四郎は先代がお手をつけた女性に生まれた子で、長い間、自分に徳川家の血が流れていることも知らずに育っていた。

兄が二人も存命中なのに、自分が継いでいいのか、悩みながら松平和泉守となった。実は、先代の父はこの代替わりにあたり、小四郎に隠していることがあった。

藩の借金が莫大な額に膨れ上がり、とても返済の目処が立たず、かくなる上は計画的に藩を倒産させることにしたのだ。

わざと、将軍に「改易」=お家お取りつぶしを命じてもらおうという魂胆。その際、責任を負って腹の一つも切らねばならないが、それには庶子である四男坊がうってつけと、小四郎に継がせたのだ。

そんなこととは知らない小四郎は、藩の財政事情を知り暗澹となるが、決してあきらめない。どうすれば藩を「倒産」させずにすむのか模索していくのだった。
(浅田次郎さんの『大名倒産』の さわり部分を私なりに紹介しました)
この小説は上巻と下巻で世界観が違います。

まず上巻では藩に関係する人たちが一通り描かれるのですが、これがもう、笑いっぱなし。

特に手先が器用、美意識に優れているけれど、おバカさんである 兄 新次郎のくだりが面白すぎました。

父親だけでなく、家臣たちにも「ばか」だと思われ、人間らしい扱いを受けていない新次郎。

しかし小四郎は、その兄に授けられた天賦の才能を見出します。

この辺り、ゲラゲラ笑いながらも、兄を思う弟の心と、初めて人間らしく扱ってくれた弟に対する兄の思いが描かれており、ちょっぴり涙ぐんでしまったりもします。

そこが浅田次郎さんらしいんです。

さて、下巻。

先代の父親は小四郎を侮っていました。

自分の計画通り「倒産」できると思っていたのに、小四郎には親に似ぬ清らかな心と責任感があったのです。

先祖から受け継いだお家を潰してはならない、また、美しい領土やそこに住む領民を守っていきたい、そんな気持ちでいっぱいなのです。

小四郎を補佐するのは、寺子屋で共に学んだ幼馴染たち。全員が健気。

するとどうでしょうか。

人間界を見守り、時に力を貸してきた七福神たちが小四郎の味方をすることに。

下巻では、七福神それぞれのキャラクターが描かれ、もうファンタジーの世界です。

でも、私は神様の登場を意外と自然に受け止めることができました。小学生の頃、塾の先生にこんな言葉を教えてもらったことがあるので。

「神は自ら助くる者を助く」

一生懸命努力する人を、神様は助けようとするんだよ、と。

塾の先生が教えてくれた言葉の中の「神様」が「七福神」とイコールとは思いませんが、七福神の心を動かすのはやはり、人間の努力する姿なのだろうと納得できました。

心ならずも小四郎を助ける羽目になった貧乏神もおかしくて可愛い。

最後に。

物語の終わりに、ほとんど悪役だった先代に対して、書かれた言葉がやはり浅田次郎さんらしくて大好きです。

浅田次郎さんは本当に人間がお好きなのだな、そして性善説でいらっしゃるのだなと思います。

時代小説であり経済小説でもある『大名倒産』でした。
大名倒産
浅田 次郎(著)
文藝春秋
泰平の世に積もりに積もった大借金に嫌気のさした先代は縁の薄い末息子に腹を切らせて御家幕引きを謀る。そうとは知らぬ若殿に次々と難題が降りかかる!笑いと涙の経済エンターテインメント、始まり、始まりー 出典:楽天
profile
池田 千波留
パーソナリティ・ライター

コミュニティエフエムのパーソナリティ、司会、ナレーション、アナウンス、 そしてライターとさまざまな形でいろいろな情報を発信しています。
BROG:「茶々吉24時ー着物と歌劇とわんにゃんとー」

パーソナリティ千波留の
『読書ダイアリー』

ヒトが好き、まちが好き、生きていることが好き。だからすべてが詰まった本の世界はもっと好き。私の視点で好き勝手なことを書いていますが、ベースにあるのは本を愛する気持ち。 この気持ちが同じく本好きの心に触れて共振しますように。⇒販売HPAmazon

 



OtherBook

千波留の本棚

ひょっとして本当にこんなことがあるの…

螻蛄(黒川博行)

千波留の本棚

普通の日常がおもしろい

小さいコトが気になります(益田ミリ)

千波留の本棚

新婚早々旦那さまがウツになってしまっ…

思ってたウツと違う!新型ウツ(池田暁子)




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
[心に響く本]
橋本信子先生の
[おすすめの一冊]
キュレーター八津谷郁子の
[大人も楽しめる洋書の絵本]
小さな絵本屋さんRiRE
[女性におすすめの絵本]
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(台湾)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(農業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME