HOME  Book一覧 前のページへ戻る

Brer Rabbit Retold by Arthur Flowers

奴隷のストーリーテラーたちが語り継いだ物語

Brer Rabbit Retold
by Arthur Flowers, illustrated by Jagdish Chitara
“Brer Rabbit Retold” は、アメリカ南部のアフリカ系アメリカ人たちが語り継いだ物語を再話したものです。

「ブレア」は、「ブラザー」の訛り。「ブレア・ラビット」は、「うさぎどん」とも訳されています。

利口でいたずら好きなブレア・ラビットが、キツネやオオカミをやり込めます。


このお話は、もともと、ジョージアのプランテーションで、奴隷のストーリーテラーたちが語っていたもの。

アトランタのジャーナリストであったジョーエル・チャンドラー・ハリスは、自身も大農園主の元で住み込みの印刷工兼見習記者として働いていた経験があり、黒人たちとの交流から、これらのお話を『リーマスじいやの物語』としてまとめました。

このシリーズは大変な人気となり、「アメリカのイソップ」として世界に広く知られています。

リーマスじいやは、奉公先の白人の男の子に毎晩お話を語って聞かせます。

男の子にお話をせがまれるリーマスじいやは楽しげで、著者は意図しなかったかもしれませんが、奴隷制が良いものであったかのような印象を与えます。

一方で、この本が存在しなければ、ブレア・ラビットのお話は現在まで残らなかったかもしれません。


“Brer Rabbit Retold” の著者、アーサー・フラワーズは、アメリカのデルタ地区出身のアフリカ系アメリカ人作家で、吟遊詩人でもあります。

子どもの頃から、ブレア・ラビットの話を聞いて育ち、ずっと自分の手でこれを書き直したいと考えていました。

『リーマスじいやの物語』では、口承民話の一部が省かれています。本来のお話の精神性を取り戻したい思いがありました。


インドのチェンナイを拠点とする出版社タラブックスは、アーサー・フラワーズと The Brer Rabbit Retold Project を立ち上げました。

イラストを手掛けたのは、西インドに伝わる礼拝用の布、マタニパチュディの作家ジャグディーシュ・チータラーです。

ハンドメイドの絵本で、糸で綴じられています。表紙は布。印刷はシルクスクリーンで、とてもゴージャスです。

さらに、フラワーズがインドの若いミュージシャンたちの演奏に合わせて物語を朗読した音源が、CDで付属しています。

リズミカルで、躍動感があり、素晴らしい語りです。昔の人たちは、こんな風に歌って語り継いでいたのでしょうか。


アーサー・フラワーズは、省かれていたお話を付け加えるだけでなく、新しいものも追加しました。

ブレア・ラビットが宇宙船で寝過ごしてしまって、そのまま宇宙に行くお話。とっても楽しくて、私はこのお話が大好きです。


また、ゾーラ・ニールハーストンが語ったという John the Conqueror の伝説も登場します。

ムチで打たれそうになった、赤ちゃんを背負った女性が空に舞い上がり、周囲の奴隷たちも次々に舞い上がり、そのまま祖国に戻ったというお話。

ブレア・ラビットは置いてけぼりになりますが、Conqueror に残った人々を助けるように諭されます。

Conqueror は hoodoo 、アフリカ系アメリカ人の民話に登場する精霊です。

神話好きなので、ゾーラ・ニールハーストンの本にも興味が湧きました。


以前、ある翻訳家の方の講演会で、「日本では、黒人奴隷の言葉を東北の方言で訳す習慣があって、黒人の方にも東北の方にも失礼だ」という話を聞いたことがあります。

それはその通りで、まったく気づかずにいたことが衝撃的でした。

無意識で他人を貶めるようなことをできるだけ避けるためにも、「知る」ことを大事にしていきたいと思っています。

お話を通して、いろいろな人々の思いを知ることができたら素敵ですね。
Brer Rabbit Retold
by Arthur Flowers, illustrated by Jagdish Chitara
Publisher: Tara Books
profile
八津谷 郁子
洋書絵本キュレーター

絵本を原書で読んでみませんか?アートな絵本、心が豊かになる絵本、英語圏の文化に触れられる絵本などを紹介します。
StoryPlace
HP:http://www.storyplace.jp
Facebook:https://www.facebook.com/storyplacejp/

OtherBook

大人も楽しめる洋書の絵本

満員電車で通勤するワニのお話

Professional Crocodile by Giovanna Zobol…

大人も楽しめる洋書の絵本

こんな政治的な絵本も時には面白い

A Day in the Life of Marlon Bundo by Jil…

大人も楽しめる洋書の絵本

現代を舞台に冷酷な雪の女王から世界を…

Ophelia and the Marvelous Boy by Karen …




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
[心に響く本]
橋本信子先生の
[おすすめの一冊]
キュレーター八津谷郁子の
[大人も楽しめる洋書の絵本]
小さな絵本屋さんRiRE
[女性におすすめの絵本]
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(台湾)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(農業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME