HOME  Book一覧 前のページへ戻る

小さいコトが気になります(益田ミリ)

普通の日常がおもしろい

小さいコトが気になります
益田ミリ(著)
私がパーソナリティを担当している大阪府箕面市のコミュニティFMみのおエフエムの「デイライトタッキー」。その中の「図書館だより」では、箕面市立図書館の司書さんが選んだ本をご紹介しています。

今回ご紹介するのは、益田ミリさんの『小さいコトが気になります』。

イラストレーターであり、漫画家、エッセイストでもある益田ミリさんが、何気ない日常生活の中、どうしてだか気になること、ついつい確認してしまうことを文章や漫画で綴ったエッセイ集です。

「ポテトサラダの確認」から始まって、「誕生日の確認」まで、収録されているエッセイには全て「○○の確認」というタイトルがつけられています。

益田さんの気になるコトは多岐に渡ります。

例えば、アイスクリームボックス。

益田さんはコンビニエンスストアに立ち寄ると、買う気もないのに、必ずアイスクリームボックスを覗き込んでしまうのだそう。

わかります。

新開発のアイスをチェックするのはウキウキするし、逆に昔からある定番アイスがボックスに収まっているのを確認すると、なぜかホッとしたりします。

新しい手帳を買ったら、自分の誕生日が何曜日なのか確認することや、送信メールをろくに「確認せず」に送ってしまって、後で読み返して後悔したりすることは、多くの人がやっていることではないかしら。

私が最も楽しく読んだのは「宝塚の確認」です。

益田ミリさんは宝塚ファンではないのだけれど、宝塚ファンのお友達を頼って、年に何回か東京宝塚劇場で観劇しておられるのですって。

チケットが取りにくい東宝で年に数回も観劇できるなんて、益田さんはなんてラッキーな人なの?!まずはそんなところに驚きました。

益田さんのエッセイを読むと、これまで何度か訪れた東京宝塚劇場の様子が脳裏に浮かんできます。

広い敷地に余裕を持って建てられている宝塚大劇場に比べて、地代の高い東京・有楽町に建つ東京宝塚劇場は、ビル形式。

住宅に例えるのは変だけど、一戸建て住宅と、マンションくらい趣に差があります。

何につけても東宝はちょっと狭いのよね。

益田さんが、そんな東宝で何を「確認」したかというと、ロビーでコンビニのおにぎりやお菓子を食べている人が意外に多いこと、ですって。

益田さんにしてみると観劇は非日常であり、ちょっと気負った晴れの日だから、食事はレストランやおしゃれなカフェでと思っているのに、なんと気負いがないことか、と感心するんだそうです。

ふーん。

私もコンビニで買ったおにぎりやパンを劇場で食べたことは何度もあります。

開演時間ギリギリに飛び込むような時、何も食べていないと劇中お腹が鳴りそうで怖いから、数分あれば食べられるものをロビーでささっと食べるんです。

それを他の人に「確認」されているかもしれないなんて思ってもいませんでしたわ。

もう一つ益田さんが「確認」したのは、最近宝塚で定番になっている「公演スイーツ」。

これは宝塚大劇場にもあるのですが、公演の内容やタイトルに合わせたネーミングのスイーツが期間限定で提供されるのです。

例えば、『エリザベート』の時は、白玉の上にチョコレートプリンやアンズジャムが乗ったスイーツで、名前は「最後のダンゴは俺のもの♪」。(トップスター演じるトート閣下が歌う最後のダンスは俺のもののパロディ)

宝塚ファンには毎回のことで新鮮味があまりないけれど、ファンでない益田さんには特に面白いのかもしれません。

いつもは素通りしていたけれど、次回観劇の時には公演スイーツを食べようと思いました。

人それぞれ感性が違うので、益田さんの「確認」ポイントに全て同調できるとは限りませんが、益田さんがちょっと気になって「確認」しておられるのはどれも人生を左右するような大きなことではありません。

だから内容に同意するにせよ、違和感を覚えるにせよ、気軽に読み進められると思います。

難しいことを考えたくない時にオススメの一冊です。
小さいコトが気になります
益田ミリ(著)
筑摩書房
人生にほぼ必要のない確認のために。人ん家の植木鉢、モンブランの中身、エンドロール…どーでもいいけど、どーしても気になること、ありませんか? 出典:楽天
profile
池田 千波留
パーソナリティ・ライター

コミュニティエフエムのパーソナリティ、司会、ナレーション、アナウンス、 そしてライターとさまざまな形でいろいろな情報を発信しています。
BROG:「茶々吉24時ー着物と歌劇とわんにゃんとー」

パーソナリティ千波留の
『読書ダイアリー』

ヒトが好き、まちが好き、生きていることが好き。だからすべてが詰まった本の世界はもっと好き。私の視点で好き勝手なことを書いていますが、ベースにあるのは本を愛する気持ち。 この気持ちが同じく本好きの心に触れて共振しますように。⇒販売HPAmazon

 



OtherBook

千波留の本棚

今日があるから明日がある。その繰り返…

ニサッタ、ニサッタ(乃南アサ)

千波留の本棚

ものを書くことの最終目的は「幸せにな…

書くことについて(スティーブン・キング)

千波留の本棚

淡々と語るほど、登場人物たちが生き生…

女坂(円地文子)




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
[心に響く本]
橋本信子先生の
[おすすめの一冊]
キュレーター八津谷郁子の
[大人も楽しめる洋書の絵本]
小さな絵本屋さんRiRE
[女性におすすめの絵本]
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(台湾)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(農業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME