HOME  Book一覧 前のページへ戻る

The World Is Round by Gertrude Stein & Clement Hurd

不思議なストーリー『世界はまるい』

The World Is Round
by Gertrude Stein & Clement Hurd
本屋さんで日本語版の『世界はまるい』を何度か見かけ、英語版を入手しました。

表紙もブルーにピンクのイラストが印象的で可愛らしいですが、中身もピンクの紙にブルーの文字で印刷されていておしゃれです。

編集者とイラストレーターは、『おやすみなさいおつきさま』や『ぼくにげちゃうよ』の絵本を手がけた Margaret Wise BrownとClement Hurd で、著者は Gertrude Stein という豪華な顔ぶれ。

Gertrude Steinはアメリカ人ですが、フランスに移住しました。主人公の Rose のモデルは近所に住んでいた女の子。イラストもどこかフランス風です。

主人公Roseの好きな色が青なので、著者の希望でこの色調になりました。

1939年の初版印刷時には苦労もあったようですが、今でも目を引くデザインです。

中身も一風変わっています。不思議の国のアリスを思わせるような、不可思議でナンセンスで韻をふんだんに使った文章。

Roseはよく歌を歌います。
I am a little girl and my name is Rose, Rose is my name.
Why am I a little girl
And why is my name Rose
And when am I a little girl
And when is my name Rose
And where am I a little girl
And where is my name Rose
And which little girl am I am I the little girl named Rose which little girl named Rose.
小さい女の子の思考を再現したような実験的な文章が印象的です。

子どもが英語で読むと混乱しそうですが、大人なら声に出して読むのが楽しいです。

ストーリーも不思議で、読んでいるうちに引き込まれます。

Roseは自分のことや、自然のこと、動物のことなど色々考えては、泣き出してしまします。

明るい色調と可愛いイラストのためか、悲しいお話には感じられないのですが、何度も泣いてしまいます。

この復刻版の絵本では、forewordをClement Hurdの息子の Thacher Hurdが、afterwordを妻の Edith Thacher Hurd が書いています。

Edith Thacher Hurdによると、この本のコアの部分はとても真摯なものだということ。

Rose は、高い山を青色のガーデンチェアを持って一人きりで登ります。何日もかけて、つらい思いをしながら登ります。

最後には山を登りきり、虹の中で椅子を置いて座ります。

これは著者の生活を映し出したものだと Edith は考えます。

戦争が激しくなったため、Gertrude SteinとClement Hurdは直接会う事はできませんでした。

RoseがいとこのWillieからライオンをもらったり、ライオンが消えてしまったりするのも何か意味があるのでしょうか。

ライオンの名前はBillieです。私は The end of Billie the lion. のところの挿絵、二頭のライオンのお尻が並んだイラストが好きです。裏表紙にもなっています。

Gertrude Steinは、ピカソの友人で、若い頃に美術批評家の兄とパリで開いていたサロンには著名な画家や詩人が集っていました。

この絵本が出版されたのは64歳の時ですが、翌年には、フランスはナチス・ドイツに侵攻されています。ユダヤ人であったGertrude Steinは、アメリカ人として田舎で暮らす事で難を逃れました。

時代背景も想像しながら読んでみると、より楽しめるのではないでしょうか。
The World Is Round
by Gertrude Stein & Clement Hurd
profile
八津谷 郁子
『洋書屋』店主

絵本を原書で読んでみませんか?アートな絵本、心が豊かになる絵本、英語圏の文化に触れられる絵本などを紹介します。
洋書屋
HP:http://www.yoshoya.jp/

OtherBook

洋書屋からのおすすめ絵本

神話や民話には、心に強く訴えるパワー…

The Mitten by Evgenii M. Rachev

洋書屋からのおすすめ絵本

現代を舞台に冷酷な雪の女王から世界を…

Ophelia and the Marvelous Boy(Karen Foxl…

洋書屋からのおすすめ絵本

愛らしいポッサム!和みたいときにおす…

A Possum's Tail by Ganny Dawnay & Alex B…




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
「心に響く本」
橋本信子先生の
「おすすめの一冊」
大人も楽しめる
英語の絵本&児童書
小さな絵本屋さんRiRE
女性におすすめの絵本
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME