HOME  Book一覧 前のページへ戻る

れんげ荘(群ようこ)

れんげ荘
群ようこ(著)
出版社:角川春樹事務所 (2011)【内容情報】(「BOOK」データベースより)キョウコはおべんちゃらとお愛想と夜更かしの日々から解放されるため、有名広告代理店を早期退職!都内のふるい安アパート「れんげ荘」に引っ越しし、月10万円で暮らす貯金生活者となったが…。ささやかな幸せを求める女性を描く、待望の書き下ろし小説。(出典:amazon
トイレもシャワーも付いていないアパート暮らし。
経験ありますか?

私はありますよ。
まだ小学校に上がる前、数ヶ月か半年か、
わずかな期間ではありますが、古いアパート暮らしをしました。
トイレは共同で、お風呂は銭湯に通っていました。

昭和40年代前半、日本全国で見れば、決
して珍しい住環境ではなかったように思います。
何より、自身は幼すぎて他の生活を知りません。
だからちっともみじめではなかったです。

振り返ってみると、
とんでもなく不便な生活をしていたもんだと呆れはしますが、
今となってはノスタルジーを感じます。

とはいえ現在、この歳になってその生活を送れるかというと、話は別。
正直な所、ごめんこうむりたいワ。

群ようこさんの小説『れんげ荘』の舞台は、
まさにそんなアパートが舞台です。

***
主人公キョウコ、45歳、独身。
大手広告代理店に勤め、忙しく働き、
高給をもらっていた。
住まいは都内の一戸建て住宅。
その住宅は父親が、まさに命を削って購入したもの。
父は、働きに働いて、家のローンを完済した途端、
亡くなってしまったのだ。
キョウコはその家に、母と二人暮らしをしていた。
そのまま定年まで勤めれば、
かなりの額の退職金をもらえたであろうに、
ある日キョウコは職を辞する。
同時に実家を出て、一人暮らしを始めることにした。
かなりの額の貯金があるので、
これからはあくせく働かずに、
月に10万円で心穏やかに楽しく暮らす予定だ。
そのために見つけた格安家賃の物件は、
安アパート「れんげ荘」の一室。
築40年以上という「れんげ荘」は
一間きりの部屋で、
トイレとシャワー室は共同。
冬は部屋の中にまで雪が舞い、
夏は猛烈な暑さと蚊に襲われる。
梅雨時はアパート全体がしっかりと湿気を蓄え、
そこらじゅうにカビが生える。
ある意味、四季の移り変わりを肌で感じられる
今どき貴重な物件と言えるかもしれない。
同じアパートの住人たちはそうとう個性が強い人ばかり。
それぞれの人生を垣間見ながら、
キョウコは自分が目標が、
森鴎外の娘にして
『贅沢貧乏』の著者、森茉莉なのだと気がつく。
安アパートに住みながら心は貴族だった森茉莉。
鳥の声や草木の匂いを知ったり、
美味しく淹れたお茶を飲む贅沢さを味わいたくて、
こんな不安定な生活に突入したのだと。
***

一般論でいえば、キョウコさんの将来は
非常に不安定なものだろうと思います。
肩たたきにあったわけでもないのに、
高収入の仕事を捨てるなんて。
しかも実家を飛び出すなんて。

家を買うためだけに働いて、
そして急死してしまったように見える父親。
なんでも人のせいにしたり、
悪い側面ばかりを見る母親。
キョウコさんはそのどちらからも
精神的に独立したかったのかもしれません。

職場についても、
そのまま居続けることで収入は得られるだろうけれど、
心がすり減ってしまうと考えたのかも。

自分だったら、こんな思い切った決断ができるだろうか。
今の安定を失うのが怖くて、ズルズル現状を続けちゃうかも。

人間の幸せは物質だけでは得られない。
贅沢貧乏の幸せを描いた『れんげ荘』。
個性的な住人たちのエピソードも楽しいです。

池田 千波留
パーソナリティ・ライター

コミュニティエフエムのパーソナリティ、司会、
ナレーション、アナウンス、 そしてライターと、
さまざまな形でいろいろな情報を発信しています。
BLOG ⇒PROページ

著書:パーソナリティ千波留の読書ダイアリー
ヒトが好き、まちが好き、生きていることが好き。
だからすべてが詰まった本の世界はもっと好き。

「千波留の本棚」50冊を機に出版された千波留さんの本。
『私の視点で好き勝手なことを書いていますが、ベースにあるのは本を愛する気持ち。 この気持ちが同じく本好きの心に触れて共振しますように。』購入サイトはこちらAmazonでも購入できます


OtherBook

千波留の本棚

芸の道とは、なんと厳しく果てのないも…

国宝(吉田修一)

千波留の本棚

82歳の敏腕セキュリティ・コンサルタ…

御社のデータが流出しています(一田和樹)

千波留の本棚

ドラマティックな場面が満載。「読む映…

土漠の花(月村了衛)




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
[心に響く本]
橋本信子先生の
[おすすめの一冊]
キュレーター八津谷郁子の
[大人も楽しめる洋書の絵本]
小さな絵本屋さんRiRE
[女性におすすめの絵本]
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME