HOME  Book一覧 前のページへ戻る

食堂のおばちゃん(山口恵以子)


食堂のおばちゃん
山口恵以子 (著)
出版社:角川春樹事務所(2015)【内容情報】ここは佃の大通りに面した「はじめ食堂」。 昼は定食屋、夜は居酒屋を兼ねており、姑の一子と嫁の二三が仲良く店を切り盛りをしている。 夫婦のすれ違い、跡とり問題、仕事の悩み……いろいろ大変なこともあるけれど、 財布に優しい「はじめ食堂」で、美味しい料理を頂けば明日の元気がわいてくる! 元・食堂のおばちゃんが描く、涙あり、笑いありの心温まる物語。(出典:amazon
なんと親しみやすくてダイレクトなタイトルでしょう。
「食堂のおばちゃん」
口に出してみると、どなたの胸の中にも
誰かの顔がポッと浮かんでくるのではないでしょうか。
私はなんとなく、大学時代の学食のおばさんを連想しました。

***
佃の大通りに面した「はじめ食堂」を切り盛りするのは
一一子さんと一二三さん。
入力ミスではない。
一 一子と書いて「にのまえ いちこ」、
一 二三と書いて「にのまえ ふみ」。
ともに若くして夫を亡くした姑と嫁だ。

「はじめ食堂」はお昼は定食屋、夜は居酒屋を兼ねている。
ある日の昼定食の献立を紹介すると、
煮魚定食(ぶり大根)、焼き魚定食(サンマの開き)、
とんかつ定食、エビフライ定食、日替わりはチキン南蛮。
それに小鉢が二種類つく。
この日は厚揚げと玉ねぎの甘味噌炒めと小松菜のおひたしだ。

値段はエビフライ定食だけが1,000円で、あとは一律700円。
いわゆる「家庭の味」をお手頃価格で食べさせてくれる「はじめ食堂」には
常連さんが何人もいる。
中には毎日食べに来る人も。

「はじめ食堂」で美味しいご飯を食べているうちに、
夫婦のすれ違いや、商売に関する親子の対立、恋愛問題などが、
やんわりほんわり解決してしまう。
ああ、食べ物の力は偉大なり!
食堂のおばちゃん、ありがとう。
***

著者 山口恵以子さんは実際に「食堂のおばちゃん」だったそうです。
某社員食堂に勤務しながら作家デビューを果たした異色の作家さん。
どうりで、食事を仕込む一子さんと二三さんの手際が良いわけだ。
食材の仕入れ風景も生き生きしているし、
オリジナルメニューがどれもこれも美味しそう。

おそらく、この小説を読んだ人は
何度も「あ~、これ、食べてみたい」と思うはず。

そんな人のために、巻末には
「食堂のおばちゃんのワンポイントアドバイス」と題した
レシピ集が掲載されています。
私が作ってみたいのは「豚肉と白滝の生姜煮」と「鰯のカレー揚げ」だなぁ。
ああ、お腹が鳴る!

ところで『食堂のおばちゃん』を読み終わったあと
「それからどうなる?」と、その先がとても気になりました。

まず、80歳を過ぎてなお現役の一子さんの体調。
このあといつまでお店に立ち続けていられるやら?
一子さんにもしものことがあったら、
二三さん一人で「はじめ食堂」を切り盛りしていけるのか?

次に二三の娘 要と、幼なじみのフリーター 赤目万里の今後。
なんとなく、こうなると良いなぁという将来像をにおわせながら
小説は終わっています。

山口恵以子さん、続きを読ませて!
そして美味しい定食をもっともっと、目で食べさせてください!

池田 千波留
パーソナリティ・ライター

コミュニティエフエムのパーソナリティ、司会、
ナレーション、アナウンス、 そしてライターと、
さまざまな形でいろいろな情報を発信しています。
BLOG ⇒PROページ

著書:パーソナリティ千波留の読書ダイアリー
ヒトが好き、まちが好き、生きていることが好き。
だからすべてが詰まった本の世界はもっと好き。

「千波留の本棚」50冊を機に出版された千波留さんの本。
『私の視点で好き勝手なことを書いていますが、ベースにあるのは本を愛する気持ち。 この気持ちが同じく本好きの心に触れて共振しますように。』購入サイトはこちらAmazonでも購入できます


OtherBook

千波留の本棚

奇跡の80代!とにかく草笛さんのファ…

草笛光子のクローゼット (草笛 光子 )

千波留の本棚

女は家を守るため、懸命に生きた。『を…

をんな紋~あふれやまぬ川(玉岡かおる)

千波留の本棚

80歳のケセラセラ。オンナ磨きは更年…

いくつになっても「転がる石」で(小林照子)




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
「心に響く本」
橋本信子先生の
「おすすめの一冊」
大人も楽しめる
英語の絵本&児童書
小さな絵本屋さんRiRE
女性におすすめの絵本
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME