HOME  Review一覧 前のページへ戻る

HHhH プラハ、1942年(ローラン・ビネ)

「僕が世界で一番愛するチェコスロヴァキア」

HHhH
プラハ、1942年
ローラン・ビネ(著)
一風変わったタイトルと、そのタイトルをモダンに配したセンスの良い装丁。『HHhH』は、作者ローラン・ビネの小説第一作で、フランスの権威ある文学賞であるゴンクール賞の新人賞を2010年に受賞した作品です。

『HHhH』の読み方は、訳者あとがきによれば、「エイチ・エイチ・エイチ・エイチ」(英語風)でも、ドイツ語風に「ハー・ハー・ハー・ハー」でも、フランス語風に「アッシュ・アッシュ・アッシュ・アッシュ」でも、読者のお好きにとのこと。意味はまたのちほど。

本書は、ナチスドイツ占領下のプラハで決行されたナチス親衛隊幹部ラインハルト・ハイドリヒ暗殺作戦を追う、史実にもとづく歴史小説です。

…なのですが、半分以上は作者ローラン・ビネの資料調査の経緯や、この話を書くにあたって参照した他の作品への批判や、この史実を記述するにあたってどういうスタンスで臨むべきかといった思考の記述に費やされています。

つまり、「作者ローラン・ビネがハイドリヒ暗殺事件を小説にしていくプロセス」を小説にした作品になっているのです。暗殺事件は、核となるテーマでありつつ、劇中劇でもあります。そこが、この作品の最大の特徴で、面白いところです。

またビネは、彼自身のチェコスロヴァキアへの愛が高じて、同国の占領者を暗殺しようと試みる実行犯たちに同化したいという想いを臆面もなく作品中に放出します。それはもう作品からチェコスロヴァキアへの愛が伝わるというレベルではなく、「僕が世界で一番愛するチェコスロヴァキア」といった言葉を臆面もなく書き連ねています。

ところが、同時に、ビネは支配者であるハイドリヒの冷酷で優秀な人物像にも魅入られそうになるのです。そしてそのジレンマも率直に書き記します。

実は、本書のタイトル『HHhH』も、Himmlers Hirn heißt Heydrich(ヒムラーの頭脳はハイドリヒと呼ばれる)の略で、親衛隊や秘密警察ゲシュタポを統率したヒムラーの部下のなかでもハイドリヒがきわだって優秀であったことを示すフレーズなのです。

対象への愛を率直に書くビネですが、歴史上の人物や事実を勝手な想像で脚色したり創作したりすべきでないという方針を徹底しています。そのため小説にしては登場人物たちの「キャラが立って」いません。

それに対して、ビネの逡巡や苦悩や調査や思考のプロセスの部分はいらない、暗殺事件の筋だけでよいという感想をもつ読者も多いようです。合う合わないの分かれる作品です。

でも、こういう書き方ができるのは小説ならではの特長だと思います。

研究者の論文では、調査の過程や、対象への愛を直接的な表現で文章中に盛り込むということはしません。このテーマにはこんな意義があるんだ、といった意義付けや箔付けはしますが、対象を愛しているからこのテーマを選んだ!とは書けません。

でも研究者は、このテーマは面白い、この人物は魅力的だ、この国が好きだ、もっと知りたい、他の人にも知って欲しいと思いながら調査を進めているので、その過程はとてもエキサイティングで、本当は披露したくなるところなんですよね。だから本書をとても羨ましく思いながら読みました。

ところでハイドリヒ暗殺作戦は、過去にも小説や映画になっています。映画『ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦』(2016年)は、もっとドラマティックでロマンティックなストーリーになっています。『HHhH』も映画化されましたが、日本では未公開です。公開されたら、この小説をどのように映像化するのか、ぜひ見たいと思います。
HHhH
プラハ、1942年
ローラン・ビネ(著)
東京創元社
ユダヤ人大量虐殺の首謀者、金髪の野獣ハイドリヒ。彼を暗殺すべく、二人の青年はプラハに潜入した。ゴンクール賞最優秀新人賞受賞作、リーヴル・ド・ポッシュ読者大賞受賞作。 出典:amazon

橋本 信子
流通科学大学 商学部 特任准教授

同志社大学大学院法学研究科政治学専攻博士課程を出て、2003年同志社大学にて嘱託講師、2011年から大阪商業大学、2015年4月から流通科学大学で初年次教育の専任教員として勤務。研究分野はロシア東欧地域研究
BLOG:http://chekosan.exblog.jp/
Facebook:nobuko.hashimoto.566
⇒関西ウーマンインタビュー(アカデミック編)記事はこちら

OtherReview


@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
「心に響く本」
橋本信子先生の
「おすすめの一冊」
大人も楽しめる
英語の絵本&児童書
小さな絵本屋さんRiRE
女性におすすめの絵本
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME