HOME  Review一覧 前のページへ戻る

英雄三国志〈4〉出師の表(柴田錬三郎)


英雄三国志〈4〉出師の表
柴田 錬三郎 (著)
出版社:集英社 (2004)【内容情報】(「BOOK」データベースより)蜀に刃向かう南の孟獲に対し、孔明は連戦連勝を続けた。孟獲は七度捕えられ、七度釈放されて平伏し、蜀への永遠の服従を誓った。南の平定に成功したものの胸を病んだ孔明は、余命いくばくもない。劉備逝き、関羽、張飛亡き今、乾坤一擲、魏討伐を決意する。孔明は皇帝劉禅に「出師の表」を献じるが、その内容は忠義心あふれるものだった。蜀の命運を賭けた戦いが始まる。(出典:amazon
「軍師」をご存知ですか?
戦国時代などに将軍を補佐する役として登場しますね。

どうやって戦えば勝てるか。
表舞台に登場する時もあれば、裏方に徹する時もある。

実は『三国志』の面白さは、この軍師の存在にあると思っています。

前回のコラムに登場した曹操(そうそう)、前々回の劉備(りゅうび)。
二人はそれぞれ「魏」、「蜀」の国を治めていきますが、
天下を取るために知恵を授けてくれる先生=軍師を重んじました。

今回は劉備の軍師、諸葛亮孔明(しょかつりょうこうめい、以下孔明と記す)
についてお話ししたいと思います。

孔明は猛々しい男たちとは少し違います。
一言でいうと、頭脳派。
膨大な知識を素に抜群の軍師力を発揮します。

神秘的な美しさと品格を備えた堂々たる姿。
11歳で父親を亡くし、放浪の旅に出た孔明は
大陸を歩いて風土を知り、殺りくや飢餓をくぐり抜けました。

さて話は戻って劉備に仕えることになった孔明ですが、
最大の敵である曹操をどう攻略するか?

それには隣国の孫権(そんけん)を取り込み、対決させて利を取るしかありません。

丁度その頃、孫権は悩んでいました。
曹操軍と戦うのか、あるいは降服するのか。

そこへ孔明が現れ、孫権の心を巧みに操るのです…!
 

(本文より)
(孫権)「曹操に呑併(どんへい)の意がある上は…これと、戦うべきか?和平をもとむべきか?」…
「この孔明には、はばかりなく申し上げたい一言がありますが、おそらく、申し上げても、将軍は、おきき入れなさいますまい」
「きこう!」孫権は、大きく目をみはって、孔明の顔を食い入るようにみつめた。

「では、申し上げます。…ねがわくは、力を合わせて、呉越(ごえつ)の衆を以て、曹操に当り、これと戦って頂きとう存じます。しかし、その勇気と決断力をお持ちなくんば…曹操におつかえなさるのが上策と存じます」…

孔明は、さらに語を継いだ。
「いま、将軍には、降服の屈辱に堪えられず、とはいえ、決戦にのぞむ決意もさだまらず、むなしく、これらの衆謀士に疑惑の目を向けて、日を重ねて居られるならば、禍(わざわい)は、明日にも起りましょう」
「軍師!足下の言が正しければ、劉予州(りゅうよしゅう)は、なぜに、曹操に降らないのか?」

…「劉備玄徳は、王室の裔(すえ)、英才は一世にぬきん出て、その在るところ、民はこれを慕うて居りますが、事の成らざるは、天運がまださきにあるからであります。いずくんぞ、身を屈して、人の下に膝を折りましょうや!」

自分の弱さをズバリ指摘され、激しい激情を抑えることができない孫権。
すぐにその場を立ち去ってしまいます。
しかし、これも孔明の計算なのです。

孫権の周囲からは
「なぜ、君主の気持ちを逆なでするようなことを言うのか!?」
と責められますが、孔明は表情を変えずにこう言います。
「孫権は心が狭い…。曹操を破る作戦があるのに、それを聞いてこなかった。
だから話さなかっただけです」

側近は慌てて孫権の元へ走ります。
気を取り直して再び孔明の話を聞く孫権。

そして最後にこう言うのです。

(本文より)
「…軍師!余の肚(はら)は、きまった。…教えて欲しい。どうして、この大難をきり抜けたらよいか、乞う――どうか、教示して欲しい!」
孫権は、ふかぶかと頭を下げた。
どうでしょう!
ここは私の好きなシーンで、「軍師」ってこんな役割なんだ、ということが
よく分かりました。

平安の世をつくるため、生涯を懸けて力を尽くした孔明。
社会に貢献し続ける姿に、「私もこうありたい」と強く感じます。

さて、そんな孔明の思いに重なる音楽があります。
カタロニア民謡、「鳥の歌」です。

この曲は20世紀最大のチェリスト、パブロ・カザルス(1876-1973)によって演奏されました。

チェロという楽器の可能性を引き出し、バッハの無伴奏チェロ組曲を世に蘇らせた、チェリストにとっては神のような存在です。

スペイン人のカザルスにとって「鳥の歌」はふるさとの歌。

この曲の演奏前、彼はこう言ったそうです。
『生まれ故郷の民謡を弾かせてもらいます。鳥の歌という曲です。カタロニアの小鳥たちは、青い空に飛び上がると、ピース、ピース(平和、平和)といって鳴くのです。』

孔明、カザルス、そして現代を生きる私たちも、平和を願う気持ちに変わりはありません。
二人からのメッセージを胸に生きていきたい、そう思っています。
鳥の歌
-ホワイトハウス・コンサート
Original recording remastered
パブロ・カザルス(アーティスト)

植木 美帆
チェリスト
兵庫県出身。チェリスト。大阪音楽大学音楽学部卒業。同大学教育助手を経てドイツ、ミュンヘンに留学。帰国後は演奏活動と共に、大阪音楽大学音楽院の講師として後進の指導にあたっている。「クラシックをより身近に!」との思いより、自らの言葉で語りかけるコンサートは多くの反響を呼んでいる。
チェリスト植木美帆オフィシャルサイト
http://www.mihoueki.com/
BLOG:http://ameblo.jp/uekimiho/
⇒PROページ

OtherReview


@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
「心に響く本」
橋本信子先生の
「おすすめの一冊」
大人も楽しめる
英語の絵本&児童書
小さな絵本屋さんRiRE
女性におすすめの絵本
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME