HOME コラム 前のページへ戻る

阿部 純子
歯科医師 じゅん矯正歯科クリニック

笑顔の素敵な女性をふやし隊 医療・ヘルシーライフ 2019-11-06
オーラルフレイルを予防しよう

ペスト菌の発見や破傷風の治療法開発など、感染症に対する医学発展に大きな功績を残した北里柴三郎。彼は「日本の細菌学の父」として広く知られていますが、それと同時に「医の基本は予防にあり、医者の使命は病気を予防することにある」という強い信念を貫いた人物でもあります。

さて近年、フレイルという言葉をよく耳にするようになりました。これは2014年に日本老年医学会が提唱した言葉で、加齢によって心身が衰えたり機能が低下する状態であるものの、適切な介入や支援によって健常な状態に戻ったり、生活の質を回復できたりすることができる状態を表します。

治療や処置が必要な病気になる前段階で適切に介入・支援をすることは、病気の予防を意味し、健康寿命を延ばすことにもつながります。

このフレイルのさらに前段階として最近注目されているのが「オーラルフレイル」という状態です。

食べることは何よりも生きることにつながりますが、その食べるための機能(噛む、味わう、飲み込むなど)が低下すると、食事の際にうまく飲み込めずにむせたり、食べこぼしたりするような症状が見られます。

これが「オーラルフレイル(口腔の虚弱)」です。他にも噛みづらくなったり、滑舌が悪くなったり、口の中が乾燥しやすくなったり、…といった症状が見られます。

このオーラルフレイルに対処し、予防することは全身の健康にもつながるため、歯科界のみならず医学界からも大きな注目を集めています。

このオーラルフレイル、どうすれば防げるのでしょうか?

これには日々のご自身の心掛けがとても大切です。

しっかり歯を磨くだけでなく、噛み応えのある食べ物を選んでしっかり噛む、舌をよく動かして唾液の分泌を促す、はっきりと話す、…などくちびるや頬、舌の筋肉が衰えないように動かすように心がけることがとても有効です。

とはいえ、自分自身で口の中の変化に気付くのは難しいものです。だからこそかかりつけ歯科を定期的に受診して、虫歯や歯周病を予防するだけでなく、口の中全体のメンテナンスを続けることがとても重要なのです。

健康な生活を過ごすために、北里柴三郎が大切だと唱えた予防について、ぜひかかりつけ歯科と一緒に取り組んでいきましょう!
profile
「いい笑顔」「いい顔」つくりを応援したい♪ 歯並びを通して、子どもがあこがれるような笑顔の素敵なカッコイイ大人を増やし、日本を元気にします!!
阿部 純子
歯科医師
日本矯正歯科学会認定医

じゅん矯正歯科クリニック
(歯列矯正・ホワイトニング)
大阪市中央区本町3-5-2 辰野本町ビル2
TEL:06-6266-0018
HP:http://www.jun-oc.com

歯科と働き方改革 医療・ヘルシーライフ 阿部 純子歯科医師
オーラルフレイルを予防しよう 医療・ヘルシーライフ 阿部 純子歯科医師
歯石は自分で取れる? 医療・ヘルシーライフ 阿部 純子歯科医師
おすすめのコラム
婦人科検診、受けていますか? 医療・ヘルシーライフ 藤田 由布婦人科医
男性不妊の原因と治療 〜男性不妊その②〜 医療・ヘルシーライフ 藤田 由布婦人科医
コラムのジャンル一覧