HOME  前のページへ戻る

ガードナー 瑞穂 英会話講師エージェント 英会話アルテミス
アメリカ人の夫と今年で国際結婚生活11年目。2児の母。フロリダ ディズニーワールドにて勤務4年。日本へ帰国後、生まれ育った関西北摂地域で英会話講師のエージェントの仕事の傍らイラストレーターとして活動中。母として、働く女性として、アーティストとして3つの視線から書き綴る心のコラム。
いつも心に太陽を キャリアアップ 2015-05-20
簡単に変われる
「人は簡単に変わることが出来るねんで」
10年以上前に、年上の友人が私に言った言葉だ。

どういう状況でそう声をかけてもらったかはもう忘れてしまったが、
私が何かに落ち込んでいたか、
迷って行き止まりの前に立ち尽くしてしまっていたかしていた状況の時に
そういって励ましてもらったのだと思う。

当時の私は20代前半で、そう簡単に人は変われるものではないと強く思っていた。

英会話という仕事を通して沢山の方達との出会いの中で今思うことは、
「人は簡単に変わることができる」と信じることができれば
人は本当にあっけないほど簡単に変わることができるとそう思っている。

英会話初心者レベルの生徒の方でとても多いのが、
英語に強い苦手意識を持っていて、自分には英会話は向いていないという思い込みが強く
英語を話すということに憧れはあるのだが、恐怖心の方がそれに勝っているという方。

こういうタイプ生徒の方に説明会でお会いすると、まず担当講師に私が伝えることは
この苦手意識と恐怖心の壁を取り払う楽しいレッスンから始めましょうということ。

まずは「英語って面白いな」と
思ってもらえるようにするところから始めましょうということ。
苦手意識と恐怖心の思い込みを抱えながら、
英語を上達させることはとても難しいからである。

この苦手意識の壁のある方に、英語の文法やTOEICや英検などの
いわゆる日本式の詰め込み英語のレッスンなんてしたら、
拒絶反応が起きて、心がすぐに折れて
すぐ挫折してしまうこと間違いない。

子供がものを覚える吸収が早いのは、
自分はこういう人間であるという思い込みの壁がまだないからだと思う。

「英語って嫌いやったけど、
今日会った英語の先生が優しかったから英語が好きになったわ。」
簡単に一日で考えを変えることが出来るのが頭が柔らかい子供。

大人になるとさまざまな経験やトラウマから、
私はこういう人間であるという思い込みが強くなるので、壁も分厚い。

私はこういう人間だから、これは嫌いで向いていないと
たくさんのラベルを自分で自分に張り付け、自ら呪いをかけてしまって
変われる可能性を狭めてしまうのが頭が固い大人であると私は思う。

大人である私たちも、自分に対する思い込みのラベルを意識して
自ら取り払うことで、子供のように変わることは可能になる。

『英会話は遅くても3歳から。それ以降になるともう遅い!』
なんていう幼児英会話の広告を日本でよく目にする。

私の住んでいる地位域でも、
ネイティブ講師を雇用した英会話保育園、幼稚園がたくさんできている。
月謝は日本の私立の幼稚園の3倍4倍するのに、キャンセル待ちが出るほどの人気ぶりだ。

私はこれは小さい子供のを持つ親の子供に対する愛情を利用し、
「他の子はもう1歳から始めてるから、
うちも英語を早く習わしてあげないと、取り返しがつかなくなるかも」
と恐怖心をあおり、利益を向上させようと目論む
英会話企業の脅し集客キャッチフレーズだと思っている。

20代で初めて海外に留学し、
数年でネイティブのように英語を話せるようになった人を何人も知っているし、
海外に出たことはないが、独学で英検を学んで、
美しく英語を話す青年を私は知っている。

恐怖心からは何もポジティブなものは生まれない。
劣等感をよりかき立てるだけであると私は思う。

しかし日本はこういうキャッチフレーズで溢れている。
こういう恐怖心をあおる英会話業者の広告のせいなのか。

30代前半で、
「もうこんな年なので、今から英会話をやっても上達しないかもしれないんですが。」
という生徒希望の方が多い。

50代60代から初心者レベルで始めて、
2、3年でネイティブと1時間、普通に英語で会話できるまで上達した生徒の方を
私は何人も私は見て来た。

年を重ねることで可能性も広がる。
そう思って生きた方が人生は楽しいし、私はそうであると信じている。

そしてオープンに自分が変化することができると信じる人だけが
青虫が美しい蝶になるような変化をとげることができる。
皆その可能性を秘めているのだ。
英会話アルテミス豊中
豊中のカフェで習うマンツーマン英会話
・お洒落なカフェレッスン
・レッスンは毎回払い
http://www.eikaiwa-artemis.com/


 

ガードナー 瑞穂  いつも心に太陽を  コラム一覧>>
キャリアアップ
丁寧に生きるという選択
キャリアアップ
簡単に変われる
キャリアアップ
頑張るより楽しもう!
おすすめのコラム
キャリアアップ
退職を考えているあなたに part1(はじめに)
秦 優
社会保険労務士
YOU社会保険労務士…
キャリアアップ
人間関係でつまづきを感じたときは
山下 弓
キャリアカウンセラー
ライフプランニング・…
キャリアアップ
自分の意見をどうしても通したいと思ったら
山下 弓
キャリアカウンセラー
ライフプランニング・…
コラムのジャンル一覧

 


参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
「心に響く本」
橋本信子先生の
「おすすめの一冊」
大人も楽しめる
英語の絵本&児童書
小さな絵本屋さんRiRE
女性におすすめの絵本
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
お手紙で「私」と「あなた」とmeet!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
映画好きトークの会
『シネマカフェ』
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド





HOME