HOME  前のページへ戻る

樋口 陽子 星空案内人 yoppie style
(←プロフィールは写真をクリック)このコラムでは四季をより一層感じられるように 星空案内人として、歳時記と季節の宙の話をご紹介していきます。
ヨッピーの星空案内コラム 趣味・カルチャー 2014-10-22
冬を目前にした秋の夜空
カレンダーでは11月は秋。
でも二十四節気では11月7日頃に立冬を迎えます。

そもそも二十四節気って何でしょう?

季節の変化は地球と太陽の位置関係により起こります。

太陽の動きを元に作られている太陽暦(現在の暦)は
毎年同じ日付が同じ季節なのですが、
月の満ち欠けの周期を元にしている太陰暦では日にちにズレがでてきてしまい、
暦から季節を知ることができませんでした。

太陽と地球の位置関係は昔から変わっていないので、
春夏秋冬の暑さ寒さが毎年同じ時期にやってきます。

現在の暦は太陽の動きを元にしているので、季節と暦(カレンダー)は連動しています。

なので今年の10月1日に稲刈りをしたとすれば、
天候による多少のずれはあっても
来年の10月1日頃には同じく稲穂が実り稲刈りをすることができます。

しかし、月の動きを元にすると暦上は10月1日でも季節がズレてしまい、
まだ稲穂が実っていなかったり、またある年は実りすぎて朽ちてしまう・・
といった事になってしまいます。

そこで、中国で生まれた太陽太陰暦の一つである中国歴において
(日本の旧暦の原型になったもの)
暦上ではなく季節をちゃんと知るために生まれたのが二十四節気です。

これによって暦の日付がいつであっても季節を知ることができるようになりました。

さて、話がずれてしまいましたが立冬を迎えるこの季節。(H26年は11月7日です)
この日から冬に入り日が短くなり冷たい風が吹きはじめ
北の地方や山間部では初冠雪が見られるようになります。

また、条件を満たした時に発表される木枯らし1号のおでましもこの時期です。

そんな季節の夜空はどうなっているのでしょうか?

実は秋の夜空は一等星が少なくちょっぴりさみしいのです。
でも、少し都心からはなれた郊外に行くと神話を元にした星座でいっぱいです。

古代エチオピアの王様(ケフェウス座)とそのお后様(カシオペア座)がいて、
その娘である王女(アンドロメダ座)が怪物(くじら座)に生贄にされ、
それを救う勇者(ペルフェウス座)が空飛ぶ馬ペガサス(ペガスス座)に乗って現れる
・・・という、なんだかドラマのワンシーンでも見ているような光景が広がっているのです。

都心部でこれだけの星座を探そうと思うと、
光の少ない場所で星座早見盤等を使って根気よく探さないと分かりにくいかもしれません。
(見れない訳ではないです。)

それでも明るい星が少ない秋の夜空だからこそ分かりやすい星座もあります。
「みなみのうお座」です。
この「うお」は星占いでご存じのうお座とはまた別の形で描かれています。

キーポイントはこれまた星占いの12星座の一つである水がめ座。

水がめ座は注がれた水をたたえる水がめを持つ少年モチーフになっているのですが、
この少年は神々の酒蔵の番やお酌をしていた美少年ガニメデ。

持っているのは水がめと言えどもあふれ出るのは神々の飲む美酒。
そのあふれ出たお酒を下で待ち構え大きな口をあけて飲んでいるのが、
みなみのうお座なんです。

星座の絵を見てみると至福の顔でお酒を受け止めるなんだか可愛い姿で描かれています。

この魚ちゃん、
実は愛と美の女神アフロディーテ(ヴィーナス)の化身とも言われています。
・・・ということは、女神は酒豪だったのでしょうか?(笑)
さておき、そのみなみのうお座の口の部分に当たるのが
「フォーマルハウト」という一等星です。
他に目立つ星が少ないので南の空にポツンと明るく輝いているので分かりやすいです。
(ドームの右側に明るく光る星がフォーマルハウトです)

アーティストの今井美樹さんの代表曲である「PRIDE」という曲の歌詞で
「私は今 南の1つ星を 見上げて誓った」というフレーズがあります。
この1つ星はきっとフォーマルハウトだったのでは?と想像を掻き立てられます。

冬を目前にした秋の夜。

みなさんは南の一つ星フォーマルハウトに何を誓いますか?

私はみなみのうお座のようにいつも美味しいお酒を飲みます!
と誓ってしまうかもしれません(笑)


 

樋口 陽子  ヨッピーの星空案内コラム  コラム一覧>>
趣味・カルチャー
冬を目前にした秋の夜空
趣味・カルチャー
早春天体ショー
おすすめのコラム
趣味・カルチャー
音楽の入り口タカラヅカ
池田 千波留
パーソナリティ、ライ…
香のん
趣味・カルチャー
榛名由梨さんにお聞きする「ヒゲの二枚目」誕生譚
池田 千波留
パーソナリティ、ライ…
香のん
趣味・カルチャー
世界からTAKARAZUKAへ! 外国人ファンじわじわ増加中
池田 千波留
パーソナリティ、ライ…
香のん
コラムのジャンル一覧



@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
「心に響く本」
橋本信子先生の
「おすすめの一冊」
大人も楽しめる
英語の絵本&児童書
小さな絵本屋さんRiRE
女性におすすめの絵本
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME