HOME  Review一覧 前のページへ戻る

The Important Thing about Margaret Wise Brown by Mac Barnett

世界中で愛された絵本作家の姿

The Important Thing about Margaret Wise Brown
by Mac Barnett, Illustrated by Sarah Jacoby
Margaret Wise Brownは、『おやすみなさいおつきさま』や『ぼくにげちゃうよ』の作者として有名です。

みなさんは、気に入った本に出会った時、作者がどんな人物なのか知りたくなりませんか?

絵画や、音楽や、お酒(!)なども、その背景や作者の事を知ると、より深く楽しめるように思います。

Mac Barnettは、Margaret Wise Brownへの尊敬の念を込めてこの絵本を描きました。

Margaret Wise Brownは、編集者でもあり、それまでの絵本のスタイルを完全に変えてしまった才能あふれる女性です。

おとぎ話やマザーグースが主流だった絵本の世界で、”here and now” と呼ばれる、今ここで起きている事を描いた絵本を次々に発表して成功を収めました。

今では当たり前の絵本のスタイルですが、当時は物議を醸し、『おやすみなさいおつきさま』の絵本ですら、ニューヨーク図書館から”Not recommended for purchase by expert” の捺印を押されてしまいました。

そんなエピソードも交えながら、42歳という若さで亡くなってしまった彼女の事が、42ページで、子どもたちに向けて語られています。

『The important book』もMargaret Wise Brownの代表作の1つで、それにちなんだ詩のような文章で書かれています。
“The important thing about Margaret Wise Brown is that she wrote books.”
若くで亡くなったにも関わらず、100冊以上もの著作を残しました。今でもイラストが異なるバージョンのものや、当時のままのものが数多く出版されていて、古さを感じません。

Margaret Wise Brownがバイセクシュアルであったことも、他の事に紛れて、何でも無い事のように書かれています。

Margaret Wise Brownは6歳か7歳だった時に森の近くに住んでいて、たくさんの動物を飼っていました。
“A dog and two squirrels.
Seven fish,
a pair of guinea pigs,
a wild robin,
and thirty-six rabbits.”
36匹のうさぎ!そして、うさぎが死ぬと、その皮を剥いで身につけたそうです。子どもの時の話ですが、この絵本で彼女はいつもうさぎの毛皮を首に巻いています。

結構ショッキングな内容ですが、可愛いうさぎのイラストもいっぱいで、丁寧に説明されています。

他にも、裸で冷たい海で泳いだり、初めて出版した本で貰ったお金で、花売りのカートごと花を買ってパーティーを開いたり。

人々は彼女の事も彼女の本の事も変だと思いました。
“No good book is loved by everyone,
and any good book is bound to bother somebody.
Because every good book is at least a little bit strange,”
子どもに、こんな風にストレートに語りかけられるのは素敵です。

Wikipediaには載っていないようなエピソードもあって、とても楽しく読めました。

あんな優しく詩的な文章が、こんな個性的な女性によって書かれていたのですね。

1991年になって、500枚もの原稿が発見され、それを元に伝記も書かれています。今度はそちらも読んでみたいな。
The Important Thing about Margaret Wise Brown
by Mac Barnett
Illustrated by Sarah Jacoby
profile
八津谷 郁子
洋書絵本キュレーター

絵本を原書で読んでみませんか?アートな絵本、心が豊かになる絵本、英語圏の文化に触れられる絵本などを紹介します。
StoryPlace
HP:http://www.storyplace.jp
Facebook:https://www.facebook.com/storyplacejp/



@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
[心に響く本]
橋本信子先生の
[おすすめの一冊]
キュレーター八津谷郁子の
[大人も楽しめる洋書の絵本]
小さな絵本屋さんRiRE
[女性におすすめの絵本]
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME