HOME  Review一覧 前のページへ戻る

あすは きっと(ドリス シュワーリン)

あすは きっと
ドリス・シュワーリン (著)
新しい年を迎えたなーと思ってたら、あっという間にもう3月。 東日本大震災からは、丸5年になりますね。

関西に長くお住まいの方は、 阪神・淡路大震災を経験してるかなと思うわけですが、 私は当時高校生で、暮らしている堺は震度4でした。

2階の自室では、2段ベッドの上段にいるような状態だったんですが、 ベッドは不安定にガタガタ揺れて、ギシギシいう天井はすぐ目の前。

真横では、ぶら下がった照明の傘が、揺れてるのか回ってるのか、 はっきりしない動きで度々ベッドの縁にぶつかってきました。

未経験の揺れだったし、震度4でも充分に怖かったなあ。 それがもう、20年以上も前のことなのですよね。

今回ご紹介する絵本は、個人的に「とっておき」の箱に入ってる作品です。

表紙からしてすでに、ちっちゃくてかわいい子たちが ちょろちょろと楽しそうにしてるんですが、 本の扉をめくってすぐの見開きに、作者のこんなメッセージが書かれています。

「思い出すのを手助けしてくれるベンジャミンのために」

これは、文章を担当したドリス・シュワーリンさんの言葉。 ベンジャミンというのは、お孫さんなんだそうです。

お話は明日の少し前、つまり「今日の終わり」から始まります。

夜はどんな時間?みんなどうやって過ごすのかな。 何人かの子供たちの様子が描かれています。 みんなベッドに入っているし、暗くて、とっても静かです。

次のページは、明るくて真っ新。そこにかかれいているのは…

目をさまして「おはよう!」っていうと、 もう そのときが、あす。

あすは、こんなこえで はじまるよ。

「うあい、あかるい おひさまあ! あさごはんが たべたいや!」

ベッドの上に立ち上がり、 感動に満ちた様子で窓の外を眺めてたと思ったら、 すぐさま、朝ご飯が食べたくなって、 ごきげんな様子で駆け出しちゃってる男の子。

目を覚まして「おはよう!」、確かにそれが明日。 (それでいて、毎日だいたい同じことの繰り返し…)

もしかして、あなたが最近そう感じる機会が増えてるとしたら、 ぜひとも次のページをめくりましょう。

あすは いっぱい できるよ、 きょう できなかったことも。

そうして、この絵本ではしばらくの間、 まさに子供たちにとって、「明日叶うかもしれない」ことが次々と語られます。

沢山のちっちゃい子供たちが、 心の向くままに、笑ったり、はしゃいだり、もう楽しくて仕方なかったり。

だけど、楽しい想像ばかりではありません。 後半ではほんの少し、「明日起こるかもしれない」ことも語られています。

心の向くまま、怒ったり、機嫌を損ねたり、悲しくて仕方なかったり。

絵はどれも、少し離れたところから見守っているような、 あるいは、そんな記憶を断片的にいくつか並べたような、 小さな小さなスケールで描かれています。

その、素直に精一杯生きる子供たちの様子は、 そばまで行って「いい子だね」って撫でてあげたくなるくらい。

ページをめくって、作者の眼差しや記憶を受け取っていくうちに、 目を細めたくなるような、愛おしい気持ちで胸がいっぱいになるのです。

そして最後にもう一度、夜の時間についてふれています。 夜ぐっすり眠ることは、痛みをケアするためにかかせないことなのだと。

「明日ってなあに?」

花の名を聞くように、何気に出てきたであろう、孫からの問いかけ。

それは、年を重ねた作者自身が気に留めなくなっていた大切なことを、 しっかりと思い出させてくれるきっかけになったのです。 なんと大きな手助けでしょうか。

ありきたりなフレーズかもしれないけれど、

『明日とは、希望に満ちた可能性をはらんでいる。 いつも好奇心を忘れず、期待に胸膨らませて、明日を迎えよう!』

そんな気持ちを思い出させてくれる、とっておきの絵本です。

恒松 明美
『RiRE~リール』店主

小説なら1日。映画なら2時間。絵本なら、長くても15分くらいでしょうか。 それでも小説や映画に負けないくらい、心が満たされる絵本があります。 毎日、時間がたりない…。そんな、忙しく働く女性にこそ、 絵本はよきパートナーとなってくれると思います。

毎日窮屈だな。ちょっと背伸びしてばかりだったかな。 「心の凝り」が気になる時におすすめの、絵本をご紹介します。

ピクチャーブックギャラリー
『RiRE~リール』

大阪府堺市中区深井水池町3125-2
TEL/072-220-9295
営業時間/11:00~17:30
定休日/月曜・火曜+不定休
HP:https://galleryrire.tumblr.com/



OtherReview


@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
「心に響く本」
橋本信子先生の
「おすすめの一冊」
大人も楽しめる
英語の絵本&児童書
小さな絵本屋さんRiRE
女性におすすめの絵本
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME