HOME  Review一覧 前のページへ戻る

ぼうしのうえにまたぼうし(ローラ・ゲリンジャー)

ぼうしのうえにまたぼうし
ローラ・ゲリンジャー(著)
アーノルド・ローベル (イラスト)
6月といえば、梅雨の季節。今回は、この時期に読んでみては?と思う作品です。

といっても、雨が主役というわけではなく…。

帽子が好きで仕方がない、冴えないおっさんの話です。

この連載タイトルを引っさげて、おっさんが主役のお話を紹介するのもどうかと思いますが、ここに登場する女性が、ちょっと素敵な女性なんです。

タイトルは「ぼうしのうえにまたぼうし」。作者は、ローラ・ゲリンジャーという人。挿絵は、がまくんとかえるくんシリーズでお馴染みの、アーノルド・ローベルです。

冴えないおっさんである彼は、最近、長年同居していた両親をなくし、一人ぼっちとなって毎日孤独を感じていたのでした。

それはそれは、梅雨時期の空模様のごとく、ぱっとしない日々でした。

しかも彼は悲しい時、帽子をいくつもかぶって気分を紛らわせるというなかなかの変わり者でした。

ある日、とことん悲しくなった彼は、帽子を3つ頭に載せて散歩に出ることにします。

町で一番大きな帽子屋に行ってみると…案の定、悪さをする不審者と思われて売り場にいたスタッフに邪険にされてしまいます。(言わんこっちゃない)

ところが!そこへ運命の彼女がひょっこり現れて、その場を笑顔でおさめてくれるのです。

そのおさめ方が素晴らしい。

彼の見た目の奇妙さなんか、ちっとも意に介さず、笑顔で優しくゆっくりと、一つずつ誤解を解いていき、彼はただ帽子が大好きなだけで、お店に迷惑をかけたわけでないことを示していきます。

一つずつ誤解が解けるのと同時に、彼の強ばった気持ちも、どんどん解けていきました。

彼はすっかり彼女に魅せられ、デートに誘いました。外は土砂降りの雨だったけれど、そんなのお構いなしの幸せな2人…。

さて。彼女は、見るからに奇妙な彼を、悪意ある不審者ではないはずだと、どうして一瞬で見抜くことができたのでしょうか。

実は…彼女も少し、変わっていました。

スタイルはまるまるとしていて、りんごぶくろみたいな服(だぼっとして地味だということ?)を着て、かっこわるいエプロンをかけ、変な音がする靴(?)を履いていたとか。

ただし。実に魅力的な帽子をかぶり、優しくて包容力があって、人懐っこい笑顔の持ち主なのでした。

つまり、彼女も帽子が大好きで、ほかについては相当無頓着だったわけですが、かえってそのことが、彼女の優しさと包容力を養っていました。

この一見ぱっとしない奇妙な2人を、ともに、心が清らかな愛らしい人物として印象づけているのは、やはり、アーノルド・ローベルの持ち味によるところだなあと思います。

また、共通点のある奇妙な2人の物語にすることで、お互い自然体であったにも関わらず、惹かれ合うことの素晴らしさがほんわかした空気をまといつつも、がっつり伝わってきます。

作中、2人にとって一番盛り上がるシーンが、斜めに大雨が降っているような、土砂降りのシーンなわけですが、恋愛ドラマのような情熱的なふるまいは、もちろんありません。ただ手をつなぎ、足取り軽く、ハミングしながら歩くのです。

いい年をした、あどけない2人。

それを違和感なく「微笑ましい」と思わせる。これこそ、絵本が得意とするマジックの一つかも。

彼はもう、帽子をかぶらなくても平気だったし、お気に入りの帽子が大雨に晒されていることがどうでもいいくらい、互いに、互いの存在に夢中になっていました。この雨のシーンだからこそ、さらりと垣間見えてきます。

ジメジメと鬱陶しい気分になりがちな、梅雨の時期。どこまでもマイペースでおおらかな2人の物語にふれてほっこりした気分になってみては、いかがでしょう?
 

恒松 明美
『RiRE~リール』店主

小説なら1日。映画なら2時間。絵本なら、長くても15分くらいでしょうか。 それでも小説や映画に負けないくらい、心が満たされる絵本があります。 毎日、時間がたりない…。そんな、忙しく働く女性にこそ、 絵本はよきパートナーとなってくれると思います。

毎日窮屈だな。ちょっと背伸びしてばかりだったかな。 「心の凝り」が気になる時におすすめの、絵本をご紹介します。

ピクチャーブックギャラリー
『RiRE~リール』

大阪府堺市中区深井水池町3125-2
TEL/072-220-9295
営業時間/11:00~17:30
定休日/月曜・火曜+不定休
HP:https://galleryrire.tumblr.com/





@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
[心に響く本]
橋本信子先生の
[おすすめの一冊]
キュレーター八津谷郁子の
[大人も楽しめる洋書の絵本]
小さな絵本屋さんRiRE
[女性におすすめの絵本]
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME