HOME コラム 前のページへ戻る

ガードナー 瑞穂
英会話講師エージェント 英会話アルテミス

いつも心に太陽を ライフスタイル 2016-09-21
Here comes the sun

やっと日中道を歩いていても清々しい季節になりました。

私は街を歩いていている時に
英語の文字のついたTシャツを着ている人を見かけると
体を斜めにしてみたり、背伸びをしたり、目を細めたりしながら、
まるで窓の外を見つめて突然変な動きをして、獲物を狙う猫のような動きをして
どうにかその英語の文字を読もうとします。

Tシャツデザインされた英語の言葉はヒューモアのあるものが多く面白い。
そしてポジティブなメッセージは
自分に届けられた天からのメッセージのように感じてしまうからです。

この前も夫と歩いていると
前から歩いて来た女性のTシャツに「Here comes the sun」と大きくかいてありました。
「Here comes the sun」ってつまりどういうこと?と夫に聞くと

「太陽が昇るってこと、また新しい日がやってくるってことだよ、
悪いことは終わって、新しいサイクルが始まるってポジティブな意味」
と答えが返って来て、

そうか私はこれからドンドン良くなるのかと嬉しくなり、
Here comes the sun, here comes the sun
And I say it's all right~と歌いながら帰りました。

生活の中で色々なサイン(予兆)に耳を澄ましてみるというのは面白い作業です。
たとえば仕事で上手く行かないことがあって落ち込んでいたとしても
この出来事から読み取るサインはなんだろうと考えを切り替えてみると
今まで見えていなかったことに気がつけて、
これくらいですんで良かったなと思えるものなのです。

体から送られるサインもあります。自分が気がつかないうちに無理をしていると、
ストレスを感じている場所や自分の弱い部分の調子が悪くなりサインを送ります。

英語で病気disease は
dis don't ,is not は、〜しなかった
ease はto be at ease ,リラックスしなかった
つまり言葉そのままに
リラックスしないから病気になるということなのです。

私の手帳の今月のページの上の方に大きな文字で
自分が宇宙と繋がる時間を持つこと!と走り書きがあります。

仕事中やプライベートで9月のページを開けるたびに、その走り書きが目に入り、
はてさてなにをどうすれば宇宙と繋がれるのか?何期したら良いのだろうか?と
真面目な私はああでもないこうでもないと色々と考えていました。

そもそもどうしてそんな走り書きをしたのかというと、
私は今年の四月から多発性の円形脱毛症になってしまっていて、
今も帽子が手放せない状態なのです。

それについて友人とスカイプで話をしている時に、
「自分の一人の時間をもっと作ったら良いよ、宇宙と繋がる時間をね。
そして自分の体にきいてみて、どうして私はこの病気になったのか」と
アドバイスをもらって、その時に忘れないようにと目の前にあった手帳に
自分が宇宙と繋がる時間をもつこと!と書きとめました。

どうして病気になったのか?体に聞いてみるというのは面白いアイデアで、
お風呂に入っているときなどリラックスしている時に体に優しくたずねています。

出て来る答えは、恋人達が別れる理由のように一つではなく沢山ありました。
カップの水が少しづつたまっていて、もうすぐ満杯になりそうなのところに
もうひとしずくのストレスが加わり、コップから水が溢れ出してしまったような感じです。

先日もフィリピン人の講師と話している時に
「日本人は本当は怒っている時に笑っているって本当なの?」と
目をまんまるにして聞かれ答えに困りました。

確かに私たち日本人は怒っている時も、まるくおさめようと怒りを押し殺して
笑って平気な振りをしてしまっていることは自分でもよくあるなと思いす。

そんな無理を重ねるからそういう我慢が体にたまって
押さえつけていた思いが、私を見てて!無視せんとって!と
主張するようにポンと外に現れる。
それが病気なのだと思います。

円形脱毛症になってから、友人達や行きつけのカフェのウェートレスさん達など
私の周りの女性達に自分の症状を打ち明けています。
そして驚いたことに、10人に6人の割合で
「私もなったことあるわ」と返事が返ってきます。

今自分が脱毛症になってみて、私が知らなかっただけで
沢山の女性達の髪の毛を巻いたり染めたりしている内側は、
意外と皆、禿げていたんだなというのが、
閉ざされたベールの内側を覗いたしまったような驚きでした。

そしてそれぞれに、その頃の職場や生活でどんなにストレスフルな状況であったか、
治療方法や細い産毛が生えて来た時に、どんなに嬉しかったか、
というそれぞれの脱毛発毛ストーリーを事細かに教えてくれます。

多くのストーリを聞いていると
皆、湖に浮かんでいる白鳥のように、一見優雅そうに浮かんでいるように見えても、
水面下では必死にバタ足をしているのだなという
現代の日本の女性達の痛みをしみじみと感じました。

20代30代、40代でも50代、そして60代でも
専業主婦でも共働きでも、シングルマザーでも独身でも、
皆それぞれに違った痛みを抱えて生きているのです。

職場や家庭、育児、人間関係など色んなシーンで
日本人女性はまじめに周りを気遣って、怒っても作り笑いをして、
もっと強くならなければと頑張って踏ん張っている。
そんな女性達がこの日本中にそして地球上にはどれだけいるんだろう?

そんな沢山の女性達たちのことを考えていると
両手を伸ばして大きく広げて
全員まとめてギューとハグをしたいという気持ちになるのは私だけでしょうか?

こうしてパソコンに向かい文章をタイピングしながら、
開けた窓から聞こえる虫の声を聴いていると心が鎮静してゆくのを感じます。

目を閉じて少し肌寒い夜の空気が顔に当たるのを感じて
虫達の小さく繊細な羽がこすり合って生まれる音に耳を澄ませる。
遠くに見える雲に隠れたり顔を出したりする月を子供のように無心でただ見つめる。
宇宙と繋がる時間とはこういう瞬間のことなもかもしれないと気がつきました。

灯台もと暗しで探しているものはいつも
こんな日々のささやかな場所にそっと身を潜めている物だと感じます。

そして生活の中でそっと隠れている、生きていることの美しさを見つけ感じることで
私たちの痛みはそっと治癒されるのだと思います。

今年の秋は様々なものにそっと耳を澄まして宇宙と繋がる
そんな時間をもっと持ちたいと思います。

(イラスト:ガードナー瑞穂 http://www.mizuho-gardner.com/
英会話アルテミス
豊中と箕面のカフェで習うマンツーマン英会話
・お洒落なカフェレッスン
・レッスンは毎回払い
http://www.eikaiwa-artemis.com/


 

make over magic ライフスタイル ガードナー 瑞穂英会話講師エージェント
Here comes the sun ライフスタイル ガードナー 瑞穂英会話講師エージェント
Why not ?! ライフスタイル ガードナー 瑞穂英会話講師エージェント
おすすめのコラム
浄化とクラッシュ ライフスタイル バックスター ルミバイリンガルライフコーチ
ひろこちゃんと私のお手紙のやりとり~11通目~ ライフスタイル 小森 利絵フリーライター
ひろこちゃんと私のお手紙のやりとり~10通目~ ライフスタイル 小森 利絵フリーライター
コラムのジャンル一覧