HOME  前のページへ戻る

ガードナー 瑞穂 英会話講師エージェント 英会話アルテミス
アメリカ人の夫と今年で国際結婚生活11年目。2児の母。フロリダ ディズニーワールドにて勤務4年。日本へ帰国後、生まれ育った関西北摂地域で英会話講師のエージェントの仕事の傍らイラストレーターとして活動中。母として、働く女性として、アーティストとして3つの視線から書き綴る心のコラム。
いつも心に太陽を キャリアアップ 2016-03-16
私が思い切ってラズベリーをレジに持っていった理由
やっと春らしい気候になってきて、子供と公園に行っても
家に帰るのがもったいないと思えるほど気持ちがよいです。

冬に子供と公園へ行く事は親にとっては修行のようなものなので、
公園で親達は皆少し青白いかをして小刻みに震えながら、砂場のふちに座っていたのです。

私も先月の寒い日に近所の公園で
息子が近所の子供達と一緒に鬼ごっこをしているのを、
ベンチから何十分もずっと眺めていました。

笑い転げながら右へ左へ駆け回っている子供達をずっと座って見つめていると
おかしなもので、だんだんとこんな寒い日に鬼ごっこをせずに
ベンチでじっと足を組んで震えながら座っている自分が、馬鹿馬鹿しく思えてくるのです。

こんなすました顔をして座ってないで
私も鬼ごっこの中に入るべきではないか?と思えてくるのです。

私が子供だった頃は
「どうして大人というものはいつもしらけていて、いつも疲れていて、
周りにどう見られるということを過剰に気にして、
つまらなそうな顔をして座ってるんだろう。
もっと一緒に楽しめばいいのに」と思っていたのですが、
どうやら気がつけば、私もいつの間にかそんな大人になってしまっていました。

息子を見ていると毎日を思いっきり楽しむ事を自然にやっていて見ていて羨ましく感じます。
やりたい事をドンドン主張して、ささいな事で笑い転げて、
ささやかな事で大喜びして、失敗しても落ち込まず、怒られても引きずらず
毎晩今日はなんて楽しい1日だったんだろうね!と言って眠りにつきます。

子供はやってみたいことが、いつも頭の上から湯水のごとく溢れていて
それらを迷う事なく次から次へと挑戦してみるのです。

寒い日に外で鼻水を出しながらアイスクリームを食べて、
その後にフレンチフライのLサイズを食べてみたり。
スーパーマンのマントをつけてスーパーに空を飛んでいる気分で買い物に行ったり。
キラキラ光るシールを買ってほっぺたに貼って鏡をずっと見つめてみたり。
洗面台に水を張ってマウスウオッシュを全て入れて
青いお水を作って魔法のスープだと言ってクルクルかき混ぜてみたり。

私から見ると無意味な事に思えてしまい、ついつい
そんな馬鹿カバしい事やめときなさい!
そんなことしてどうするの?のと言いたくなります。

もちろん止めるるときもありますが、
やらせてやるという事もとても大切なんだと、やらせてやるようにもしています。
やりたいということをやらせてみると、
にんまりとそれはもう良い顔になって、目はきらきらと輝き、とても嬉しそうです。

こんなことでそんなに愉快な気分を味わえるのであれば、それは無意味ではなく、
もったいないではなく、はずかしいことでもなく、馬鹿馬鹿しいことはない。
創造性や感性を豊かに養うために必要な体験です。

大人になると私たちはこういう事やってみたいんだよなと、
自分の心の中に芽生えた無邪気な願望を、
「そんな無駄なこと、やったって仕方ない。この年でそんなことしてどうなる?
そんな事よりやらないといけない仕事が山積みだ!
なによりそんなことをしている時間がない!」
としらけた賢い大人の言葉がよぎりストップをかけます。

面白そうだと思う探究心、やってみたいなと思う好奇心を
自分からお預けにして皆自分をいじめているのではないでしょうか。

大人になるとつい現実的な事ばかりを最優先してしまい、
創造性と感性に栄養を与えてやるのは後回しにするので
心がカラカラに乾涸びてしまっているのです。
だから大人になると皆つまらなそうな顔をしているのです。
そう、やりたい事が出来なくて心が渇いてつまらないのです。

自分へのご褒美
treat myself
自分にご褒美してあげてと相手に言う場合は
treat yourself

やりたかったのにずっとお預けにしていたこと、
周りを気にして自分にストップをかけていたこと、
それをやっても良いよと自分に許可してやることが
自分へのご褒美を与えるということなのです。

例えば私の場合で考えてみると
朝、子供達が起きているのが分かっているけれど
あと30分だけ布団に入って寝たふりをしていたい。

自分のお菓子作りの好奇心を満たす理由だけで
1000円のラズベリーを買ってチョコレートケーキを焼いてみたい。

白髪が増えてきたので白髪を染めて隠すのではなく
いっそのこと髪の毛の一部だけ金髪にしてみたい。

タップダンスを習いに中津の教室に毎週通ってみたい。
ギターを買って弾き語りしてみたい。
書き出してみると、ささやかなる願望が沢山あります。

でもこんな事を思おうものなら、すぐ賢い大人の自分が意見し、
あっけなくかき消されていました。

こんな自分の趣味で子供を子守りしてもらって、周りに迷惑かけてまで今やる事じゃないわね。
そんな事にお金を使うのだったら貯金しておいた方が良いのでは?
一部だけ金髪にしたら周りのお母さんがどう思う?無難な髪の色にしておきなさい。
1000円のラズベリー買ってケーキを焼くんだったら、
ケーキ屋さんで出来たものを買った方が安くて手間もかからず失敗もない。

大人の自分の意見は、経験に基づいた答えで、プラクティカルで正しい。
しかしその考えをあえて無視して違う選択をすること、
自らの心の中のインナーチャイルドの声に従ってやらせてやることが
自分を人生を味わって毎日をエンジョイして生きるということではないでしょうか。

心を瑞々しく豊かにしてくれるものは、そんなささやかなもの
一見馬鹿げていると思えるようなもの中にこっそりひそんでいるです。

treat yourself
大人の皆さん、あなたからあなたへ、ご褒美の選択をしてあげましょう。
 
英会話アルテミス豊中
豊中のカフェで習うマンツーマン英会話
・お洒落なカフェレッスン
・レッスンは毎回払い
http://www.eikaiwa-artemis.com/


 

ガードナー 瑞穂  いつも心に太陽を  コラム一覧>>
ライフスタイル
私もいつか桜の木の下で
キャリアアップ
Follow your bliss
おすすめのコラム
キャリアアップ
退職を考えているあなたに part1(はじめに)
秦 優
社会保険労務士
YOU社会保険労務士…
キャリアアップ
人間関係でつまづきを感じたときは
山下 弓
キャリアカウンセラー
ライフプランニング・…
キャリアアップ
自分の意見をどうしても通したいと思ったら
山下 弓
キャリアカウンセラー
ライフプランニング・…
コラムのジャンル一覧

 


参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
「心に響く本」
橋本信子先生の
「おすすめの一冊」
大人も楽しめる
英語の絵本&児童書
小さな絵本屋さんRiRE
女性におすすめの絵本
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
お手紙で「私」と「あなた」とmeet!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
映画好きトークの会
『シネマカフェ』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド





HOME