HOME  前のページへ戻る

ガードナー 瑞穂 英会話講師エージェント 英会話アルテミス
アメリカ人の夫と今年で国際結婚生活11年目。2児の母。フロリダ ディズニーワールドにて勤務4年。日本へ帰国後、生まれ育った関西北摂地域で英会話講師のエージェントの仕事の傍らイラストレーターとして活動中。母として、働く女性として、アーティストとして3つの視線から書き綴る心のコラム。
いつも心に太陽を キャリアアップ 2015-12-16
毒リンゴを食べて良かったなぁと思える人生のパズル
今年もあとわずかでもう終わりですね。
年末は特にこの1年の自分の成果について考える方も多いと思います。

私もこの時期は1年を振り返り、
達成できた事や、できなかった事、
これからやりたい事について考えます。

最近3歳になった息子に白雪姫のお話の絵の描かれたパズルを買ってやりました。

はじめは楽しそうに箱をひっくり返して、
パズルを組み立てようととはするのですが、
3歳児には少し難しすぎた玩具だったようです。

キャラクターの顔のあたりなどの絵は好きなのですが、
背景の遠いお城や、七人の小人の足の部分、
一体これは誰の服のしわなんだろう?
という箇所は彼にとっては面白くなく
すぐに興味を失って壊そうとし始めます。

まずは目立つ絵柄を合わせていったり、
周りの枠を作って組み立てていったら組み立てやすい事、
最後に完成したらこのような一枚の絵になるからねと
見本の絵を見せて説明しても、全く上手くゆきません。

早く完成させたいという気持ちが強すぎて
退屈な箇所を作る事に集中出来ず
違う遊びをはじめて逃げていってしまいました。

パズル遊びは根気のいる作業です。

パズルの一つのピースだけ見ると、
これが一体どの箇所なのかもさっぱりわからないものががほとんどです。

それを一つずつ、根気よく合わせて組み立ててゆきます。

そして最後に完成した時に、
このカーブは白雪姫のドレスだったのか!
これはウサギの耳の部分だったんだ!と
謎がパッと解け達成感と喜びに包まれるわけです。

息子が完成を待ちきれずぐちゃぐちゃに壊していったパズルを
一人で組み立てているうちに
私の頭の中で最近72歳の母がよく言っている言葉と
白雪姫のパズルが交差しました。

最近母は、恐竜の卵でも発見をしたかのように驚いた様子で
私に何度も嬉しそうにこう言うんです。

「人生で無駄な事なんてひとつもないわぁ
その頃、無駄やったなと思う事も人間関係も
最後に不思議なくらいにピッタリ繋がるんよ」

「本当に人生無駄な事なんて一つもないのよ、
人生は上手いこと出来ているわぁ」

こんなふうにとても感動した様子で
今までの人生を振り返ってニコニコしているのです。

母のパズルはもう完成しかけているのかもしれません。
彼女の頭の中で最後のパズルの繋がりの謎解きが始まっていいて
母はその全ての経験の繋がりを発見して
人生の素晴らしさに、ブラボー!と拍手喝采し
スタンディングオーベーションまでおこなわれはじめているのでしょう。

私のパズルはまだまだ途中で
そんな母を横目で見つつ、
本当に最後にそうなるものなのか?と疑いつつ、期待しつつ
枠を作ってみたり、メインのプリンセスの顔と手は見つかったが体は全くなかったり、
一体これは何なんだというピースばかりが散らばっている状態で
これが本当に最後に絵になるのか?
ならなかったらどうしようという恐怖心と疑いの心に襲われそうになりながらも
完成すると信じなければ!
信じなければ!と自分に何度も聞き聞かせて
どうにか前向きに気持ちを奮い立たせている状態です。

出来上がった幸せそうなパズルの中の白雪姫を見ながら
白雪姫もそんな風に思うのかな?と想像しました。

「あのとき継母に美しさを嫉妬されて、
殺されそうになりながらもお城をおいだされて良かったわぁ
だから7人の小人に出会うことが出来たのだから、
おいだされてなかったら、小人達に会えなかったわけだし、
意地悪な継母をもってラッキーだったなぁ」

「そのあと知らないおばあさんを信じて
勧められた毒リンゴリンゴをかじって死にかけて良かったわぁ」

「毒リンゴの一件のおかげで王子様の真実の愛に出会えたんだもんな」

「人生無駄な事なんて一つもないわ
最終的には全ての出会いや出来事は完璧だったのよ」と

白雪姫も城のバルコニーで星空を見ながら
彼女の人生パズルの不思議について
王子様に話していたりして。

あなたが今、まだあなたの望んでいる状況に現実がなっていなくても
どうしてこんなところで、こんな仕事をこんな人達としているんだろうと不満を感じていても
育児と仕事に追われて自分のやりたい事が出来ないと
取り残されてゆくように孤独と焦りを感じていても、大丈夫。
怒らないで、焦らないで。
息子のようにせっかく組み立て始めたパズルを壊して逃げ出さないで。

あなたのパズルはいつか完成して、
必ず今この経験が自分の人生の中で大切な欠かす事の出来ない宝物の経験であったのだと
繋がりの謎が解けて笑顔になる日がやって来ます。

私もその日が来るのを楽しみに、
来年も難解なる人生のパズルを根気よく
どうせやるなら楽しみつつ、組み立て続けようと思います。
 
英会話アルテミス豊中
豊中のカフェで習うマンツーマン英会話
・お洒落なカフェレッスン
・レッスンは毎回払い
http://www.eikaiwa-artemis.com/


 

ガードナー 瑞穂  いつも心に太陽を  コラム一覧>>
キャリアアップ
私のゆく手を邪魔するな
おすすめのコラム
キャリアアップ
退職を考えているあなたに part1(はじめに)
秦 優
社会保険労務士
YOU社会保険労務士…
キャリアアップ
人間関係でつまづきを感じたときは
山下 弓
キャリアカウンセラー
ライフプランニング・…
キャリアアップ
自分の意見をどうしても通したいと思ったら
山下 弓
キャリアカウンセラー
ライフプランニング・…
コラムのジャンル一覧

 


参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
「心に響く本」
橋本信子先生の
「おすすめの一冊」
大人も楽しめる
英語の絵本&児童書
小さな絵本屋さんRiRE
女性におすすめの絵本
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
お手紙で「私」と「あなた」とmeet!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
映画好きトークの会
『シネマカフェ』
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド





HOME