HOME  前のページへ戻る

小川 由佳 コーチ、研修講師 FAITH(フェイス)
プロコーチ小川由佳が、自分らしく仕事や人生を花開かせるためのヒントをお届けします。
働く女性の自分らしい生き方入門 メンタルカウンセリング 2015-03-24
その決断、本当に「本心」ですか?
みなさんは、2005年~に大ヒットした映画
「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズをご存知でしょうか?

戦後まもない日本の、下町を描いた映画です。

私も公開当時、観に行きましたが、笑いあり涙あり。。。
とても楽しめました。

特に3作目である「ALWAYS 三丁目の夕日 '64」では、
親子の絆に関して、心にじーんと響くシーンが多く、
気持ちのよい涙をたくさん流して、映画館を後にしました。


さて、この映画の中で、1つ、
とても印象に残ったセリフがあります。

それは、

「自分で決める。そうすれば、どんな結果になっても後悔しないよ」

というセリフ。

恋愛に悩み「どうしたらいいのかわからない」と訴える女の子、ろくちゃんに対して、
大人の女性、ヒロミが言うセリフです。

このセリフを聞いたとき、思わず自分の経験を振り返り、

「そうそう、そうだよね!」

と、ビビッピカッときてしまいました。


話はいきなり変わりますが、

私は、会社員時代、転職歴が5回あります。

たぶん、一般的に考えれば多い方ですよね^^;

当時は「キャリアを積まなきゃ。キャリアアップしなきゃ」という、
呪縛にも近い思いがあり、その一環として、転職がありました。

キャリアアップのために、より自分が望む経験が積める会社に移る・・・
という感覚だったのですね。

それでも、転職5回のうち4回は、
「働いてみたい。ここで仕事をしたい」という会社と出会えて、
ハッピーに仕事をすることができました。

が、残りの1回。

その1回だけは、今振り返ってみても、モヤモヤ感の残る転職でした。

なんかしっくりこない、合わないというのでしょうか。

結局、最後までそんな感覚が抜け切れないまま、その会社には勤務しました。

後から「どうしてそんな違和感があったのか?」考えてみたとき
「その転職は自分が心から決めた転職ではなかったからだ」ということに気づきました。

もっと正確に言うと、
「自分が決めたと思っていたけど、実はそうではなかった」転職だったから。

そう、後になって気がつきました。


「決める」ということにおいて、一番要注意なのは、
一見、自分が決めたようでいて(自分でも、自分が決めたような気になっていて)
実は自分が決めたのではないというケース
だなあと思います。

つまり、
他人のものさしを、無意識に自分のものさしとすり替えてしまっているケース。

当時の私の例で見てみますね。

その転職は、以前勤めていた会社の先輩から
「うちの会社に来ない?」と声をかけてもらったことがきっかけでした。

ちょうどその頃、私がいた会社では、
会社全体の組織のことでごたごたしていました。

そのことを、その先輩に相談したとき、
「そういう状況で仕事を続けていても、小川さんのためにならないよ。
〇〇のような会社の方が、小川さんのキャリアのためにもいいよ。」
というアドバイスをもらったのです。

それはアドバイスであって、あくまで先輩の意見。

なのに、
私はそのアドバイスを丸呑みし、
あたかもそれが自分の気持ちや意見であるかのように、
自分の中で無意識にすり替えてしまったんですね。

相談してからしばらくしたら、
すっかり「今いる所から出なきゃ。〇〇のような所に行かなきゃ」
と思っている自分がいました。

「だから、私は転職する!」 そう決めて転職しました。

でも・・・

転職後、なんか違和感の抜け切れない私がいました。

そりゃそうですよね。

他人の意見を、自分で勝手に
自分の意見のように思い込んでしまっていたのだから。

本当の自分の思いから「転職したい」と
思ったわけではなかったのだから。

違和感を感じても、仕方がありません。

でも、当時、転職しようかなと思っているときには、
それがわかっていませんでした。

気持ちが焦っているなあという感覚はありました。

追い立てられるような気持ちの中で
「・・・しなきゃ」と決めたような感覚もありました。

でも、決めたときの思いは自分のものだと思っていたのです。


何かを決断するとき、
「心から湧き上がってくる気持ちはこれだ~」と、
自分が腑に落ちているのであれば「Go for it!」でいいでしょう。

でも、もし
「これが私の気持ち」と思いながらも、
どこかに焦りや不安、違和感が残っているのであれば、
自分に「ちょっと、待った~」をかけましょう。

他人のものさしや「・・・しなければ/すべき」が
潜んでいる可能性があります。


自分の気持ちを確かめてから決めた方が、
自分の気持ちを確かめずに決めて後戻りするよりも
結局は近道のような気がします。

 

小川 由佳  働く女性の自分らしい生き方入門  コラム一覧>>
メンタルカウンセリング
欠点が武器になる
メンタルカウンセリング
その決断、本当に「本心」ですか?
メンタルカウンセリング
初志貫徹じゃなくてもいいのです
おすすめのコラム
コラムのジャンル一覧



@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
[心に響く本]
橋本信子先生の
[おすすめの一冊]
キュレーター八津谷郁子の
[大人も楽しめる洋書の絵本]
小さな絵本屋さんRiRE
[女性におすすめの絵本]
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(台湾)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(農業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME