HOME  前のページへ戻る

森川 美紀 カラーセラピスト Amanteur株式会社
(←プロフィールは写真をクリック)色や肌を通して、そしてたくさんの人と触れ合った経験をもとに、心が通じる心地よさをテーマにHappyな毎日の為のヒントをお伝えしていきます。
アマンチュア~色彩と心のコラム 癒し・セラピー 2015-02-18
通じるって、楽しい!!!
こんにちは!
目と目でふれあうカラー&フェイシャル アマンチュア森川美紀です。

心が通じる心地よさをテーマに、これまで「色彩」「肌」についてのお話をさせて頂きましたが、今回は、よりHappyな毎日を送る為の「コミュニケーション」についてお伝えします。

色彩や肌に触れる事を通して、私がお伝えしたい事の本質は、自分に触れる事、人とふれあう事。
つまり、コミュニケーションなのだと思っています。

そして一年ほど前から、コミュニケーションについての興味がさらに加速しました。

その糸口となっているのは、手話。
色彩やスキンケアと同じように、出会った瞬間に何かを感じ、
これからも一生涯触れていくだろうなと感じた私ですが、その出会いは突然訪れました。

きっかけは一つのカフェとの出会い。

ある出張の際に、
「店内でのコミュニケーションは、全て手話か筆談」というお店の存在を知った私は、
気になったので行ってみる事にしました。

手話も筆談も、全く未知の世界です。
ドアの直前まで行くとさすがにドキドキしましたが、
「どうにかなるか!」と思い切って扉をあけました。

すぐに女性のスタッフが現れ、「一人ですか?」という表情と手の動きで、
にっこりと微笑んでくれたその瞬間、私の緊張はフワッとほぐれました。

オーダーも、「これを」「このサイズで」「一つ」と、メニューを指で差しながら、
一回一回目を合わせる度にスタッフの方が小さく頷いて下さり、ちゃんと伝わりました。

カフェに入り、席に座ってオーダーをする。
今まで何度となく繰り返してきた流れは、この時も同じはずなのに、
想いもよらないほど、嬉しくて暖かい気持ちが沸き起こったのを、今でも鮮明に覚えています。

こんな風に、人としっかり繋がった感覚を抱いたおもてなしは初めてでした。

普段、いかに目を合わせていなかったのかと、自分の今までの在り方に気付かされました。
目を見てはいるけれど、ちゃんと相手と目を合わせているか、
相手の瞳の奥にあるものを見ているか、そして、自分の気持ちを伝えられているか・・・

そんな風に考えてみると、どれだけ言葉に頼り、
言葉に左右されているかをヒシヒシと感じました。

そしてドリンクを頂いている時、もう一つの発見がありました。
すっぽりと自分の世界に入りきっている私に気が付いたのです。

いつも外出先では、一人の時間を過ごしていても、どこか周りを気にしている自分がいたり、
「話しかけた方が良いのかなぁ」などと思う事が普通でした。

でもこの時は、人に触れている温かさにしっかり包まれつつも
自分の世界に入りきる事ができていて、それは私にとって、とにかく新鮮な驚きでした。

色彩とスキンケアを通して、「自分と繋がる空間」を創り出したいと思っていた私は、
「私がやりたいのはこんな感じ!」と、深い部分にストンと落ちました。

軽やかで、楽しくて、でも発見がいっぱいあって、爽やかに目覚める感じ。
私が求めている空気感とぴったりとフィットしていました。

この出会いをきっかけに、手話に触れながら毎日を過ごしていますが、
それによって、自分の中がどんどんシンプルになっていくのを感じています。

手話の表現は、イエスノーがはっきりしています。
自分の想いを伝える時、日本語を使うよりも
「好き」「きらい」「したい」「したくない」をはっきりと表現する必要があります。

ですので、知らず知らず「自分の想いに敏感になる」事ができるのだと思います。
だから、自分にとって必要なもの、必要でないものも自然にクリアになり、
身軽になる事ができるのかなと思っています。

何事でも同じだと思うのですが、慣れ親しんだものから離れる事によって
発見や気付きが得られるように、手話を通して、
馴染み過ぎて見えなくなっている日々の色々に、フレッシュさとワクワク感が戻ってきました。

そして何よりも、「通じるって、楽しい!」そんな単純な喜びを日々感じています。

大人になって、「あいさつが通じた」「名前が通じた」
こんなに簡単な事で感動する事なんて無かったけれど、
覚えたての手話を使い、相手の目を見て会話をする事で、
ごくシンプルな事の中にも喜びを見付けられている、そのことがすごく楽しいです。

今回は、私がこの頃思う「通じる」という事について、お話させて頂きました。
皆様も「つうじる」を意識してみるとまた違った、
日常でのHappyが見えてくるのではないでしょうか。

さて、次回は最後のコラムです。

最後になにをお伝えしようか、ワクワクした気持ちで考えてみようと思っています。
Amanteur~アマンチュア~
〒530-0037
大阪府大阪市北区松ヶ枝町7-14 サンクレスト南森町205
TEL:06-6755-4498
http://www.amanteur.co.jp/

森川 美紀  アマンチュア~色彩と心のコラム  コラム一覧>>
癒し・セラピー
通じるって、楽しい!!!
おすすめのコラム
ライフスタイル new
教育と教養
バックスター ルミ
バイリンガルライフコ…
RumiBaxter
ライフスタイル new
お手紙とわたし~東久美子さん編②~
小森 利絵
フリーライター
えんを描く
ライフスタイル new
初雪うれし
真箏 まこと
元祇園芸妓/JAZZ…
真箏の部屋
コラムのジャンル一覧



@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
[心に響く本]
橋本信子先生の
[おすすめの一冊]
キュレーター八津谷郁子の
[大人も楽しめる洋書の絵本]
小さな絵本屋さんRiRE
[女性におすすめの絵本]
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(台湾)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(農業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME